子供を高身長に育てる方法や育て方のポイントを知っておくことで、将来的な悪影響を廃城することができます。

 

どのような生活習慣で過ごすと、

子供の身長が伸びやすく、将来的な高身長の可能性を高めることができるのかを徹底検証。

 

ポイントを絞って子育てをすることで、身長の高さにも大きな違いがでますので、後悔しないためにも高身長になる育て方を知っておきましょう。

子供を高身長に育てる方法や育て方のポイントは?

子供の身長は両親の遺伝でほぼ決まる。

なんて話があり、遺伝が9割なんて噂もありますが最近の研究では遺伝が与える影響は25%以下だと言われていますので、遺伝だけで決まるわけではありません。

 

むしろ遺伝的要素よりも後天的な要素の方が75%ほどと高く、育て方次第で子供の身長を高くすることはできます。

 

ただ遺伝的要素もあるので、

例えば、父親が160cmで母親が150cmくらいの両親から生まれた子供が190cm超えになるというようなことは難しいので、遺伝的な限界があることは理解しておきましょう。

 

そのポイントさえ理解しておけば、

お子様の限界まで身長を伸ばすことで、ご両親よりも高身長にすることもできますので、少しでも良い生活習慣で過ごさせてあげることが必要です。

 

子供の身長は成長期や思春期だけで伸びるのではなく、それまでにどこまで成長させることができたのかということも非常に大切です。

 

では実際にどのような育て方をすれば、高身長になりやすいのかを解説しますので、できることから実践してください。

子供を高身長に育てるには幼少期からの食事が大事!

子供の身長を伸ばすには、

幼少期からどのような食生活をしていたのかが非常に大切で、家庭で食材から調理したものを食べさせるのが基本。

 

最近はレトルト食品やインスタント食品など、手軽に美味しく調理できる物もありますが、そういった加工食品は子供の成長には良い影響を与えません。

 

工場で加工する際に栄養素が消失したり、食品添加物などが追加されてしまいますので、成長に必要な栄養素の摂取には不向きです。

 

脂肪分やカロリーの摂取量が増える傾向がありますので、加工食品ばかりをお子様に食べさせるのは止めましょう。

 

子供に食べさせたい栄養素としては、

良質なタンパク質を中心に栄養バランスに優れたおかず。

 

焼き魚や煮魚、納豆や豆腐、生卵などの和定食にありそうなおかずなら、手間なく調理することもできますし、高タンパク質低脂肪で栄養源としても優れています。

 

そこにご飯とお味噌汁が付けば、

和食の一汁三菜の出来上がりなので、日本人にピッタリの朝食になりますし、そういった食習慣だと太りにくい特徴もあります。

 

豊富な栄養素を食事で摂取できても、

それが原因で太ってしまうと、早熟型になってしまい身長を伸ばすことができる期間が短くなり、身長の伸びが止まってしまい低身長のきっかけに。

 

それでは全く意味がありませんので、普段の食事で意識することは良質な栄養素に絞って摂取させるべきだということ。

 

食事での栄養摂取は生後の身長の伸びに、

乳児期・幼児期・成長期・・・すべてのタイミングで大きな影響を与えますので、その重要性をしっかり理解しておきましょう。

高身長に育てるためにも早寝早起きの睡眠習慣が基本

日本では昔から『寝る子は育つ』と言われていますが、それはあながち間違ったことではありません。

 

良い睡眠習慣で過ごしていると、

早熟傾向が弱まり、身長を伸ばすことができる期間を伸ばすことに繋がります。

 

日本人とアメリカ人の身長の高さの違いは、およそ7cmと言われており、その違いが思春期の到来時期の影響を受けています。

 

日本人の思春期はアメリカ人よりも、1年から1年半ほど早いと言われており、思春期の到来前の1年間で伸びる身長が5〜6cm。

 

それだけ日本人は身長を伸ばすことができる期間が短い傾向があります。

 

早熟型か晩成型かという違いに関しては、

幼少期から睡眠習慣がすごく影響を与えることがわかっており、慢性的な寝不足状態が続くことで、早熟化がどんどん進行してしまうことに。

 

睡眠負債という言葉が話題になるほど、

日本人は大人の睡眠時間が短いことがわかっていますが、大人のような生活習慣で過ごす子供が増え、子供の慢性的な睡眠不足も問題になっています。

 

早寝早起きで十分な睡眠時間を確保することで、セロトニンの分泌量を増やすことができ、性成熟を緩やかにして晩成型の子供になります。

 

これを知っているお母さんは、幼少期からしっかり睡眠時間を確保させて、身長が伸びやすい環境を維持した子育てを行っている傾向があります。

 

ちなみに大谷翔平選手は、

小学校6年生でも毎日21時に寝る睡眠習慣で過ごしていたそうなので、幼少期から高身長になる環境を用意されていたということ。

 

睡眠時間の確保は、身体の成長にも非常に役立ちますので、規則正しい睡眠習慣を心がけてあげてください。

高身長に育てるためには、愛情を感じさせることも大切。

低身長の子供にある傾向のひとつに、

親の愛情を十分に感じることができないことで、「愛情遮断症候群」のような症状を引き起こす傾向があります。

 

愛情遮断症候群になると、

愛情が得られないことで精神的ストレスが大きくなり、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されにくかったり、睡眠が阻害されたり、食欲がなくなったりする傾向があります。

 

これらはすべて子供の低身長の要因ですので、高身長に育てたいのなら、低身長になるリスクを排除することが大切。

 

愛情遮断症候群は両親が仲悪い場合でも、子供が十分な愛情を感じられずに引き起こされることもありますので、その点も注意が必要でしょう。

 

笑顔があふれる家庭を意識したり、

週に1回は家族全員で食事をしたりするなど、夫婦で協力して家庭の温かい雰囲気を作ってあげることも大切です。

 

子供の感性は鋭いのでちょっとした変化でストレスになってしまったり、不安になってしまうこともあります。

 

愛情遮断症候群は後天的な低身長の要因ですので、知らぬ間にそこにハマってしまうことがないように注意してくださいね。

子供を高身長に育てる方法の記事まとめ

将来的に高身長な子供に育てたいのなら、

食事での栄養補給と睡眠習慣は基本的な部分です。

 

それ以外にも運動習慣やストレス状況なども大切ですが、まずは成長に必要な栄養素と成長ホルモンの分泌量はすごく大切なこと。

 

  • 子供を高身長に育てる方法や育て方のポイントは?
  • 子供を高身長に育てるには幼少期からの食事が大事!
  • 高身長に育てるためにも早寝早起きの睡眠習慣が基本
  • 高身長に育てるためには、愛情を感じさせることも大切。

 

両親の背が低く遺伝的に低身長のリスクが高い場合でも、将来を見据えた生活習慣で過ごせば、身長を伸ばすことができるでしょう。

 

統計データでは生活習慣次第で、16〜18cmも最終身長に違いが出ると言われていますので、成長に悪影響を与えることを排除しましょう。

 

そして少しでも効率的に成長させる生活習慣で過ごすと、成長期までの身長の伸びを効率化できますので、ぜひ心がけてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!