高校生の3年間で身長を伸ばすには、どのような生活習慣で過ごすことがより効果的なのかを解説します。

高校生の時期に身長を伸ばすことができる人は、骨の骨端線が残っている必要があり、閉鎖している場合には、難しい状態に。

高校卒業時の最終的な身長の高さを少しでも高く出来るように、普段から意識すべきことを紹介します。

高校生の3年間で身長を伸ばすには、骨端線の状態が非常に大切。

中学卒業時の身長が低く、高校生の3年間でどこまで身長を伸ばすことができるのか?と悩んでいる場合、最も大切なことは骨の骨端線の状態だと理解しましょう。

骨端線とは、骨の両端部分にある軟骨細胞のことで、この部分で細胞分裂が繰り返されることで骨が伸びて身長が伸びることに。

だから骨端線が残っているのなら、中学卒業時の身長が低くとも高校生の3年間で身長が伸び、晩成型の子供の場合は、高校卒業時には見違えるような身長のになる可能性も。

骨端線が残っていることは、身長を伸ばすことができる可能性があるということを意味しており、骨端線が閉鎖しているということは、身長を伸ばすことができないということ。

この点を最初に理解しておかないと、身体は身長が伸びない状態なのに、気持ちだけで行動してしまう状況になることも。

そうならないためにも、高校生でしっかり身長を伸ばしたい人は、最初に骨端線の状態を確認しておくことも大切です。

骨端線の状態は、レントゲン撮影を行えば、簡単に見ることができますので、気になる人は、近所の整形外科でレントゲン写真を撮ってもらいましょう。

また一般的な骨端線が閉鎖する年齢は、男子は17歳前後、女子は16歳前後とも言われていますので、男子高校生の方が身長が伸びやすい傾向があります。

ただこれらはあくまでも平均値なので、個人差がかなりあるということも知っておくと良いでしょう。

高校生が身長を伸ばすには、睡眠時間の確保と成長ホルモンの分泌が大切。


高校生の時期は、多くの子供が成長期の後半部分に差し掛かっているか、それともすでに成長期が終わっているのかというタイミング。

だから成長期の前半のような急激な身長の伸びが起こりにくい状況ですが、晩成型の子供は夏休み明けに一気に身長が伸びることも。

夏休みに男子高校生の身長が伸びやすい理由のひとつが、睡眠時間の大幅な増加。

学校のある普段の生活習慣と異なり、昼前まで寝ているとか、なかには昼過ぎに起きてくるような子供も。

そうすることで、普段は不足しがちな睡眠時間をしっかり確保することができ、就寝中に分泌される成長ホルモンの分泌量を劇的に増やすことができます。

骨端線が残っている状態で、成長ホルモンの分泌量が増えると、単純に身長が伸びやすい状態になっているということ。

だから夏休み明けに、身長が高くなる子供が増える傾向にあります。

それくらい高校生にとって、睡眠時間を確保することは大切なことで、成長ホルモンの分泌量をどう増やすことができるのかということが、高校生での身長の伸びに大きな影響を与えることに。

成長ホルモンの分泌量を増加させるための最も簡単な方法が、睡眠時間を確保することです。

高校生でも8時間位は睡眠時間を確保したいところ。

普段は受験勉強や塾、部活などでなかなか睡眠時間を確保できないかもしれませんが、身長を伸ばすことだけを念頭におくと、これ以上効果的な方法はありません。

睡眠時間を確保するのは夏休みや冬休みだけではなく、1〜2年生の時期にはできるだけ多く寝るようにしましょう。

そうすることで、勉強に対する集中力も上がりますし、部活をやっている子供なら体力の回復や怪我の防止にも役立ちますよ。

成長ホルモンの分泌量を増やすことが高校生が身長を伸ばす際に重要!

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、睡眠の質を向上させることも大切。

特にノンレム睡眠の中でも、特に深い睡眠状態である徐波睡眠の時間を長くすることが、成長ホルモンの分泌量を増加させる方法。

そして一晩中でも最も大量の成長ホルモンが分泌されるのが、入眠直後の2回の徐波睡眠のタイミングなので、睡眠時間の最初の3時間の睡眠の質は非常に大切。

では実際にどのようなことを意識していると、睡眠の質が向上して、成長ホルモンの分泌量が増えるのかを紹介すると、

  • 部屋の電気は暗めにする
  • 寝る前のテレビやスマホは避ける
  • ストレッチで血流を改善する
  • 入浴はぬるま湯の湯船に浸かる
  • リラックスタイムを設ける
  • 夕食は睡眠3時間前までに終わらせる

ここで紹介したことのほとんどが、副交感神経を優位にすることなので、基本的には睡眠前には十分にリラックスした状態であることを意識しましょう。

交感神経が優位になってしまうと、寝付きも悪くなりますし、睡眠の質も向上しませんので、できるだけリラックスすることが大切だと理解してください。

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、就寝時の空腹も大切。

実は成長ホルモンの分泌量を増やすためには、血糖値が低下している必要がありますので、就寝時には空腹であることも大切な要素。

人間は空腹になる(血糖値が低下する)と、胃の中でグレリンというホルモンが分泌され、グレリンの作用で食欲が増進されます。

そしてグレリンには、食欲が増進作用と、成長ホルモンの分泌促進作用があるので、成長ホルモンの分泌量を増やす意味でも、空腹であることは大切なこと。

だから一般的に身長を伸ばしたい場合には、就寝3時間前までに夕食を済ませるべきだと言われています。

そして、夕食に何を食べるのかということも非常に大切なこと。

3大栄養素の消化時間を紹介すると、

  • 炭水化物:2時間
  • タンパク質:3時間
  • 脂質:4時間

となっていますので、これが3時間前をひとつの目安にしましょうということの理由。

もしあなたが夜ご飯の時間が遅く、そこで天ぷらや唐揚げなどの揚げ物を食べたらどうなるのか?

就寝までに胃での消化・吸収が終わらずに、就寝中も胃や腸に意識が集中して、睡眠の質が低下し、そして成長ホルモンの分泌量が減少することに。

それでは高校生という限られた時期に身長を伸ばすという意味では、非常に逆効果であるということがわかると思います。

でも鶏の唐揚げとか、こってりしたものは高校生で部活や運動を行っている子供は大好きですよね?

そういった際には、ソテーや焼料理にしたり、脂肪分を極力少なくした調理方法を実践したり、揚げ物の日は、夕ご飯を早めにするなどの工夫をしましょう。

ストレス状態が高校生の成長ホルモンの分泌量を抑制する!

成長ホルモンの分泌量を増やすためにも、副交感神経を優位にしたリラックス状態で過ごすことが、良いという話をしましたが、その逆でストレス状態は高校生の身長にはデメリットしかありません。

ストレス過多の状態が続くと、成長ホルモンの分泌量が抑制されることがわかっており、その結果、高校生の3年間で身長を効率的に伸ばすことが難しくなります。

特に高校生の時期には、新しいことを始めたり、遠くの学校に通学したり、大学受験や就職など人生を左右する大きな決断をしなければならないことも。

大学受験に向けて、日々何時間も受験勉強したり、塾や学校の成績に一喜一憂したりするなど、非常に多くのストレス要因があります。

また友人関係も中学生の頃に比べると、大きく変わる時期でもありますので、人間関係によるストレスも感じやすいでしょう。

ストレス過多の状態で日々過ごしていると、交感神経が優位になり、就寝時もリラックスできずに成長ホルモンの分泌量を抑制することに。

ストレスが成長ホルモンの分泌量を抑制し、身長の伸びを鈍化させたり、身長の伸びがストレスが原因で止まってしまうこともわかってまいますので、本当に注意しましょう。

高校生でも大人でも、ストレスは百害あって一利なし。

本当に良いことはありませんので、日々リラックスタイムを設けたり、40度以下のぬるま湯のしっかり浸かったりして、副交感神経が優位な状態に変えていきましょう。

高校生の運動習慣が3年間の身長の伸びに大きな影響を与える

睡眠時間と同じくらい高校生の身長の伸びに影響を与えるのが、高校3年間の運動習慣です。

実は運動しているタイミングでも、微量ですが成長ホルモンが分泌されることがわかっており、その積み重ねが高校生の身長の伸びにも大切なこと。

実際に運動を行うと、運動開始後15分から運動終了後3時間位まで、成長ホルモンの分泌が続きます。

さらに運動をすることは、骨の骨端線に対しては刺激になりますので、その刺激が軟骨細胞の細胞分裂を促進し、骨の伸びや身長の伸びに大きな影響を与えることに。

運動をすることは、成長ホルモン+骨端線への刺激というW効果で高校生の3年間の身長の伸びをサポートしてくれます。

しかし激しすぎる運動や、筋トレばかりを行っていると、そこで成長に必要な栄養成分を使い切ってしまったり、筋肉が骨の伸びを抑制することもあるので、ほどほどにすることも大切。

部活を行っていない場合には、散歩やウォーキングを行うだけでも、全く何もしないよりもマシですし、30分以上歩くとセロトニンの分泌にも良い影響が出ますので、非常におすすめです。

運動習慣があれば、肥満体型やぽっちゃり体型になるリスクも抑制できますので、そういった意味でもおすすめ。

肥満体型やぽっちゃり体型で脂肪細胞を蓄えてしまうと、実は脂肪細胞を受容体として、性ホルモンの分泌量が増加して、性成熟を早め骨端線の閉鎖を促進することに。

そうなってしまうと、あっという間に骨端線は閉鎖して、身長を伸ばすことができなくなりますので、十分に注意してくださいね。

高校生のタンパク質摂取量が身長の伸びに大きく影響する。

高校生や中学生などの成長期の時期には、身体を成長させたり、大人の身体に変化するために非常に多くの栄養成分が必要になります。

その中でも身長を伸ばしたい高校生が、絶対に摂取すべき栄養成分がタンパク質。

タンパク質は体内に吸収される際に、アミノ酸に分解され、そのアミノ酸を原料に体内でコラーゲンが合成されます。

コラーゲンそのものを摂取しても、アミノ酸に分解されることになり、その吸収率の低さや、コラーゲンに確実に再合成されるわけではないことを踏まえると、タンパク質の方がおすすめ。

体内で合成されたコラーゲンが、骨の骨端線の軟骨細胞で骨の骨格部分の材料として使用され、そこにカルシウムなどが吸着されて、健康で丈夫な骨に成長します。

骨を伸ばす際に、最も最初に摂取しなければならない成分は、コラーゲンの元になるタンパク質。

そのタンパク質が不足していることで、骨を効率的に伸ばすことができずに、身長の伸びが止まったり、伸び悩んだりする高校生が多いんです。

それを改善するためにも、肉類や魚介類、乳製品などに含まれている動物性タンパク質、大豆製品やナッツ類などに含まれている植物性タンパク質を組み合わせることが大切。

動物性タンパク質だけだと、脂肪分やカロリーが高い傾向もあるので、植物性タンパク質をしっかり組み合わせて、アミノ酸のバランスを整えつつ、太りにくい状態にしましょう。

高校生でも中学生でも小学生でも身長を伸ばす要素は変わらない。

高校生になっても、小学生と中学生の時期と比べても、身長を伸ばす要素は一切変わりません。

基本的に最終的な身長の高さに影響する要素は、睡眠・運動・食事・ストレス・遺伝の5つしかありませんので、それをどうするのかが重要。

遺伝的要素が身長の高さに与える影響はわずか23〜25%しかなく、それ以上に後天的な要素が最終身長を決定しています。

そのことを理解していれば、何を改善すべきなのか?どうすればより身長が伸びやすい生活習慣になるのかということが明確になるでしょう。

高校生という成長期の後半部分に差し掛かっている年齢なら、より効率の高い方法を考えて実践することが大切です。

小学生や中学生のように成長期がまだまだ残っている時期ではなく、本当に最後のわずかな時期しかありませんので、そこをどう過ごすのかは非常に大切なこと。

高校生の子供がすべきこと、お母さんができることなど様々な部分がありますが、まずはお母さんができる栄養面のことを改善するのが良いでしょう。

そうすることで、少しでも身長の伸びに変化が出れば、本人もさらに身長を伸ばそうと努力をするはず。

そういう良い流れを作ってあげると、高校生の3年間での身長の伸びを最大化できると思いますので、まずはできることから始めてみませんか。

高校生で身長を伸ばすには、身長サプリメントも活用しよう。

高校生の栄養面を考えた時に、普段食事だけでは成長に必要な栄養成分の全てを、摂取できていないことは明確なこと。

これは高校生の段階では、2つの栄養素を摂取すべき理由があるから。

ひとつめは普段の生活に必用な栄養素(細胞や筋肉の修復)、ふたつめは身長を伸ばしたり、大人の身体に成長するための栄養素。

しかし、最近の高校生は朝ごはんを食べなかったり、体型を気にしてダイエットに励んだりと、普段の生活に必要な栄養素すら、不足しがちな状態。

そんな生活習慣で、小学校・中学校と過ごしてきたので、高校生になっても身長が伸び悩むことに。

また部活などで運動習慣がある子供の場合は、運動で様々な栄養成分を失っていますので、それを踏まえた食事にすることが必要です。

元々、成長に必要な栄養素の全てを普段の食事だけで、摂取できている子供はいませんので、その状態を改善するために、普段の食事+身長サプリメントという考え方も大切。

そうすることで、身体の成長に必要な栄養素を補給することが、高校生の3年間でしっかり身長を伸ばすことにも繋がります。

でも重要なことは、身長サプリメントを飲ませることではなく、どんな身長サプリメントを選んであげるのかということ。

この身長サプリメント選びを間違えると、どれだけ飲み続けても身長を伸ばすことができませんので、間違った商品を選ばないようにしましょう。

高校生におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ!

では実際にどのような身長サプリメントを選ぶのが、高校生の成長や栄養補給に役立つのか?

それは実際に摂取できる栄養成分がどうなっているのかということを軸に、身長サプリメントを徹底比較するとわかります。

ちなみに私が市販されている身長サプリメントのほとんどの栄養成分表をチェックした限り、成長期の10代専用のカラダアルファが一番おすすめかも。

カラダアルファは実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

成長期の子供が不足しがちで、特に摂取量が少ない植物性タンパク質を豊富に含有している身長サプリメント。

カラダアルファの原材料の4割がスピルリナなので、タンパク質以外にも50種類以上の豊富な栄養成分を含有し、その栄養吸収率は95%以上の状態。

だから含有しているほとんどの栄養成分をしっかりと成長に役立てることができる特徴が。

カラダアルファは、タンパク質以外にも、カルシウム・マグネシウム・亜鉛など骨の成長に必要な栄養素をしっかり含有していますので、本当におすすめ。

普段の食事+カラダアルファという組み合わせが、高校生の栄養補給に役立ち、身長を伸ばす効果を実感できるはず。

ただ身長サプリメントは、一般的に3〜6ヶ月ほど飲み続けることが必要だと言われていますので、飲む期間だけ注意してください。

カラダアルファのように栄養豊富な商品でも、飲む期間が短いと期待できるような効果を実感できないこともあります。

高校生の3年間で身長が伸びなければ、ほとんどの人がそれが最終身長になりますので、できるだけお母さんがしっかりサポートしてあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!