遺伝による子供の身長の高さにどのような影響や関係性があるのか、凄く気になっていませんか。

子供の将来の身長に対して、遺伝的要素が与える影響やその他の要因、最近わかった遺伝と身長の関係性につて解説します。

また将来の子供の身長を予測することができる計算式も合わせて紹介しますので、不安な人は実際に計算して、お子様の身長を予測してみましょう。

遺伝と身長の関係性は?両親の身長はそこまで影響しないのかも?

身長の低い両親の子供は必ず低身長になると思っているのなら、それは大きな間違いかもしれません。

確かに両親の遺伝情報が伝わり、子供の身長の高さはある程度の影響を受けますが、実際にはあなたが思っているよりもその影響は少ないかも。

最近の研究でわかったことは、両親の身長の高さが子供の将来の身長の高さに与える割合は、23〜25%程度しかないということ。

残りの75%以上が、遺伝情報以外の後天的な要素で決定されるという事実です。

だからもし、父親か母親の片方が低身長だったり、両親ともに低身長だった場合でも、あなたの将来の身長が低身長だと決定したわけではありません。

後天的な要素で、お子様の身長の高さを大きくすることも可能だということ。

子供の最終的な身長の高さを決定する5つの要因とは?

では実際にどのような要素で、あなたの身長の高さが決まるかと言えば、

  • 睡眠習慣
  • 運動習慣
  • 食習慣
  • ストレス状況
  • 遺伝的要素

この5つの要素が複雑に絡み合って、最終的なあなたの身長の高さを決定しているんです。

だからもしあなたが少しでも身長が高くなりたいと思うのなら、これらの生活習慣について、しっかり考えて行くことが大切。

もしあなたがお子さんの身長を少しでも高くしたいと考えるのなら、これらのことに気をつけてあげることが基本です。

しかし実際にどのようにしてあげるのが良いのか?詳しくわかっていない人もいるかも知れませんので、次の項目から簡単に紹介したいと思いますが、その前に注意すべき点を紹介。

背の小さいお母さんが間違った子育てを実践すると低身長になりやすい。

これは何も子供の身長の高さの責任が、全てお母さんにあるという話ではありません。

そもそもあなたの身長が低い理由のひとつに、幼少期からの生活習慣が身長が伸びにくいものだったということがあります。

つまり、あなたが幼少期に育った環境や、両親の子育て法に身長が伸びくくなる要素があるという話。

だからもしあなたが自分が受けたような子育てをお子さんに実践しているのであれば、子供は将来的に低身長になる可能性が高いということを理解しましょう。

先ほど紹介したように、子供の身長の高さは、後天的な要素で75%もの影響を受けますので、どんな生活習慣で幼少期から過ごすのかということは大切です。

特にお子さんの年齢が低ければ低いほど、食事でどのような栄養素をどれだけ大量に摂取することができているのかは大切ですので、その辺を意識してあげましょう。

いずれにしても、お子さんの身長を高くするのも低くするのもお母さん次第だということを理解して、これから紹介する内容を意識した生活習慣に変えてあげましょう。

幼少期からの睡眠習慣が早熟化を予防するので非常に大切!

幼少期から慢性的な睡眠不足の状態にあると、子供の早熟化が進み、成長期が早く来ることに。

その結果、身長が伸びる時間が短くなり、最終的に低身長で止まってしまうという非常に残念な結果になります。

それを予防するのが早寝早起きの生活習慣。

小学校入学前までは、日々10時間以上の睡眠時間を確保すること、小学生の間も8〜9時間の睡眠時間は必須です。

この時期にしっかりとした睡眠習慣を身に着けておくことは、本当に大切なことで、多くの子供が実際に出来ていないこと。

最近の子供は慢性的な睡眠不足が続いていることで、身長も伸びにくいですし、早熟化も進んでおり、非常に残念な結果に。

成長期に入ると睡眠時間に分泌される成長ホルモン影響で身長が急激に伸びることになりますので、やはりよく寝るということは大切。

本当に身長の高さを左右することですので、先ず真っ先に見直すべき項目だと理解しましょう。

幼少期からの運動習慣は骨を伸ばし、睡眠時間の確保のきっかけに

幼少期からの睡眠習慣をしっかり身につけるためにも、身体を動かすことは非常に大切。

子供は遊び疲れたら、電池の切れたおもちゃのように寝てしまうもの。

しかし体を動かさない状態が続くと、疲れていないのでなかなか寝てくれません。

そして悪い睡眠習慣になり、どんどん早熟化を招くことにつながってしまいますし、身体を動かさないと肥満体型のきっかけに。

子供の肥満は身長が伸びにくい状態になることがわかっていますので、そういった意味でも身体を動かさないことがデメリットになります。

脂肪細胞が性ホルモンの最大の受容体なので、太っていることで性ホルモンの分泌量が増えて、性成熟が活性化され、どんどん早熟傾向が強まります。

そういった悪い流れになることがわかっていますので、幼少期からの運動習慣が大切なことを理解しましょう。

幼少期から栄養不足は身長が伸びない一番の原因かも

成長期前の子供の身長が伸びるのは、食事で摂取した栄養素のおかげですので、どんな食習慣で過ごしているのかは、非常に大切なこと。

しかし小さな子供は好き嫌いも多く、食事量も少なくなりがち。

だからこそ、普段から意識的に身長を伸ばすために必要な栄養素を摂取すべきなんです。

子供の身長が伸びることは、骨が伸びることなので、骨の成長に役立つ栄養素をしっかり摂取することが大切。

骨の成長に必要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKという6つの栄養素。

この中でも特にタンパク質の摂取量が、骨の骨格部分を形成するのに役立ちますので、本当に大切なんです。

タンパク質は骨以外でも、臓器や筋肉、血管や皮膚などの原料としても使われているものなので、率先して摂取すべき栄養素だということを理解しましょう。

遺伝で身長が伸びないなら、身長サプリメントも必要かも?

遺伝の影響で子供の身長が伸びないと感じているのなら、普段の食事に合わせて身長サプリメントを活用することも必要かも。

実際に身長サプリメントにも様々な商品がありますが、選ぶ際には実際に摂取できる栄養素の種類と量を確認することが基本。

そうすることで食事で摂取しきれない栄養素をしっかり摂取できるので、非常に大切です。

成長に必要な栄養素であるタンパク質を中心に、様々な栄養バランスに優れた商品を選ぶことが最も効果的。

実際におすすめなのは、カラダアルファという成長期の10代専用の身長サプリメント。

カラダアルファは、実際に摂取できる栄養素の53.8%がタンパク質で、原材料の4割が栄養豊富なスピルリナ。

スピルリナには50種類以上の栄養素がバランス良く配合されており、その栄養吸収率が95%以上なので、しっかりと栄養素を摂取することができます。

だから食事で不足しがちな栄養素を補うことができ、しっかりと身長が伸びる結果に。

本当に効果的な身長サプリメントですので、ぜひ遺伝で身長が伸びないかもと考えるのであれば、カラダアルファを摂取させることが良い影響を与えるかも。

いずれにしても遺伝だけで子供の身長が決まることはありませんので、幼少期からの生活習慣をしっかり意識して、少しでも身長が伸びやすい環境にしましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!