身長コンプレックスで子供が悩む。

親としてはあまり考えたくないことですが、低身長の子供の場合は将来的にも身長が伸びないことで、様々な問題を抱えたり、自信を持つことができないことがあります。

 

低身長は遺伝だから仕方がない。

もしお母さんがそう思ってしまっているのならそれは誤解で、生活習慣次第で子供の成長を後天的に改善することができることを知っていますか。

 

身長コンプレックスがどんな症状なのかを知って、そんな状態にお子様をしないためにも少しでも身長の伸びに良い状態にしてあげましょう。

身長コンプレックスになる子供の傾向や特徴は?

身長コンプレックスと言っても、

身長が低い低身長でなる場合と、身長が高すぎることでなる場合がありますが、この記事で紹介したいのは低身長の身長コンプレックス。

 

大人になっても低身長の人は、

子供の頃から背が低い自分と周りの反応に悩まされ続けることが多く、将来的に結婚できないのでは?と考えてしまう人もいるほどなんです。

 

なぜ身長が低いだけでそんな気持ちになるのか?

周りと自分の目線の違いによって、相手から見下されているような印象を感じて、自分に自信が持てなくなってしまうことが根底にあるようです。

 

どんな症状や悩みに直面しているのか、

幾つかの事例を紹介しながら、身長コンプレックスの人の傾向を紹介しますね。

低身長だと劣等感を感じやすい特徴がある

身長が低い人と身長が高い人が会話をしているシーンを思い浮かべると簡単にイメージできますが、身長が低い方は常に見下されていますよね。

 

カップルなら女の子の背が低いことで、

バランスが良かったりすることもありますが、男性同士や女性同士だと相手から見下されていることで、プレッシャーを感じたり、威圧感を感じてしまうこともあるでしょう。

 

大人になっても低身長の人は、

子供の頃から10年も20年も周りを見上げ、周りに見下されている状況が続くわけですから、劣等感を感じてしまうのも仕方がないのかもしれません。

 

本来ならそんな必要はないのに、

子供の頃は相手よりも少しでも強くいようとする傾向が強いので、よりそういった状況になりやすいでしょう。

 

小学校や中学校でも

チビはいじめの対象だし、チビには喧嘩になっても負けないから、最初からなめてかかられるという風潮もあるのだと思います。

 

劣等感を感じ続けると、

なかなか克服することができませんし、肉体的な部分のダメージは蓄積されますので、低身長はあまり良いことはありませんよね。

劣等感だけではなく、ネガティブな思考になりやすい。

幼少期から劣等感を感じる状況が続くと、

物事を考える際の思考にも悪影響が出てしまい、ネガティブな発想ばかりしてしまう人が多いようです。

 

身長が低いだけでと思うかもしれませんが、

自分の容姿に自身が持てないことが思考にも悪影響を及ぼします。

 

物事を考える際にネガティブな思考が優先されることで、成功をイメージすることができませんし、新たな挑戦をする際にもそれが妨げになります。

 

ネガティブな思考の癖が付くと、

ポジティブな発想や思考に切り替えることが難しく、一生続いてしまい、自分を責め続けてしまうこともあります。

 

ネガティブ思考は自分の可能性を信じず、

常に相手の意見に従うことが正解だという誤解に繋がりやすいので、もし自分の子供がそうなってしまうのなら、本当に避けたい状況ではないでしょうか。

自分より身長が低い相手を見下すようになる

自分自身が身長が低いことで劣等感を感じているわけですが、その矛先になりやすいのがさらに身長が低い相手。

 

子供をイメージするとわかりやすいですが、

身体の大きな子が普通の子をいじめ、普通の子がさらに背の低い子供をいじめることで自分のバランスを取ろうとする。

 

そんな状況が起こりやすいんです。

相手をいじめてしまったことをきっかけに自己嫌悪に陥ってしまったり、周りとの関係がうまく行かなくなったりすることも。

 

そういったことを繰り返していると、

コミュニケーション障害になってしまったり、友達や彼女、彼氏を上手く作ることができなかったり、関係性を維持することができないきっかけになってしまいます。

身長コンプレックスは現代に始まったことではない。

身長コンプレックスといえば、

フランスの皇帝のナポレオンが世界で一番有名かもしれません。

 

ナポレオン=チビというイメージの人も多いですが、ナポレオンの身長は169cmなので、そこまで小さいわけではありません。

 

皇帝だったナポレオンの周りには、

軍人が多く、将校や指揮官にはナポレオンよりも身長が高い人が多かったために、自分のことを少しでも大きく見せようとしていたんです。

 

そういった状況をきっかけにして、低身長による身長コンプレックスは、

 

  • 男性は、ナポレオンコンプレックス
  • 女性は、ティンカー・ベル コンプレックス

 

という名称で呼ばれることがあります。

ティンカーベルは可愛イメージの言葉ですが、バリバリのキャリアウーマンがそう言われてしまうと、バカにされているとしか思えないですよね。

 

低身長という身体的特徴をきっかけに、

人生の様々な場面で、本来の自分らしい判断ができなくなったり、選択肢が狭まってしまうのは非常に残念なこと。

 

子供の低身長は遺伝的要素よりも、

後天的要素の影響を強く受けますので、お母さんが背が低くても子供の身長を伸ばすことは可能ですよ。

低身長による身長コンプレックスを予防する方法とは?

どうすれば身長コンプレックスを防いだり、克服することができるのか?

 

一番効果的な対策方法は、

子供の身長を伸ばして、低身長という根本的な悩みを改善してあげること。

 

お子様の年齢にもよりますが、

高校生や大学生になってから低身長を改善することはほぼ無理ですが、中学生ならまだ可能性があります。

 

男子中学生ならまだまだ身長が伸びる時期なので、低身長状態を脱却して、自分に自身を持つことができるでしょう。

 

身長コンプレックスを克服するのは、

10cm以上も身長が伸びないとダメとか、平均身長以上にならないとダメということではありません。

 

今よりも3cmでも4cmでもいいんです。

ダメだと思っていた状況を改善できたことが、身長コンプレックスを克服するきっかけになることもあります。

 

身長を伸ばす要因は、

 

  • 睡眠習慣
  • 運動習慣
  • 食習慣
  • ストレス状態
  • 遺伝的要素

 

この5つだと言われていますが、遺伝的要素はわずか23〜25%しかありませんので、後天的な要素次第で、身長を伸ばすことは可能です。

 

お母さんができる最も効果的な方法が、

食習慣の改善で、普段の食事でどれだけ豊富な栄養素を摂取させることができるのかという部分でしょう。

身長コンプレックスの改善に身長サプリメントも役立つ

具体的な食習慣の改善とは、

高タンパク質低脂肪で、栄養バランスに優れた食事を普段から食べさせることが基本です。

 

出来上がった食品ではなく、

食材をスーパーなどで購入して、それを自宅で調理して食べさせること。

 

これが本当に大切なことですが、忙しいお母さんはそれを毎日行うことは難しいですし、手間ひまかけたおかずでも、子供が食べてくれないこともあります。

 

栄養面だけ考えてしまえば、

普段の食事で摂取できない部分を身長サプリメントで補ってあげることもできるでしょう。

 

普段の食事だけで全てを摂取しようとすることは、お母さんにもお子様にもストレスを生じされる原因になってしまうこともあります。

 

月々わずか数千円の費用で、

将来的な身長コンプレックスの予防と改善ができるのであれば、非常に安いことですし、栄養面だけ考えれば身長サプリメントの方が効率が良いのは間違いないでしょう。

 

お子様の人生の選択肢を広げるためにも、

身長で悩む人生を遅らせないためにも、身長サプリメントも上手く活用しながら、低身長の予防と改善について考えてあげてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!