子供の身長が伸びる運動法って?

どんな運動やトレーニングをさせると、子供の身長が伸びるのか、疑問に思っているお母さんも多いと思います。

 

成長期の子供の身長を伸ばすためにも、骨端線への適度な刺激が大切って言われていますが、どんな運動法が適切なのかを徹底検証。

 

成長期の身長の伸びを最大化するためにも、成長ホルモンの分泌量を意識した運動法を実践する必要があります。

子供の身長が伸びる運動法で大切なことは骨端線への刺激

身長を少しでも伸ばしたいのなら、

骨端線にとって適度な刺激になるような運動を実践することが大切で、短期的な運動よりも中長期にわたって実践できる方法を選ぶべきです。

 

成長期の子供の場合は、

一時的に負荷をかけすぎるような運動を行ってしまうと、ケガや不調の原因になってしまうこともあります。

 

健康状態を損なうような運動法では、

身長を伸ばす際にデメリットになってしまうこともありますので、激しすぎる運動は絶対に避けるべきです。

 

過度な筋肉トレーニングを行うと、

骨の伸びを阻害する可能性があるので、やり過ぎに注意しましょう。

 

身長が伸びるのは骨の骨端線の細胞分裂が活性化されるからなので、この時期に行う運動は骨端線にとって適度な刺激になるものにしましょう。

 

骨端線の刺激になる運動は、

縦方向脳動きなので、ジャンプが良いと言われていますが、実際にどうなのかを次の項目から紹介していきます。

ジャンプを続けると骨端線への良い刺激になるのか?

身長が伸びる運動法の代名詞のジャンプ。

ジャンプといえば、縄跳びを使った運動をイメージする人が多いですが、縄跳びを続けることで、骨端線への適度な刺激になり身長が伸びるのでしょうか。

 

この点に関して言えば、ジャンプだけで骨端線への刺激になり身長が伸びるということはありません。

 

なぜかといえば、マイク・タイソンのコーチや多くのボクサーがトレーニングに縄跳びを取り入れているから。

 

ボクサーは体重で階級が決まり、

身長が高いほど体重が重くなるのである程度の身長の高さがあれば、それ以上は必要ないと考えられているスポーツです。

 

もし縄跳びで身長が伸びるのなら、間違いなくほとんどのボクサーがトレーニングに取り入れることはありません。

 

マイク・タイソンのトレーナーで、

モハメド・アリ選手がアドバイスを求めるほどのカス・ダマトさんは、タイソンのトレーニングで縄跳びは禁止していません。

 

縄跳びは身長が伸びる運動ではないということを知っていたからでしょう。

 

縦方向の動きは骨端線への刺激になりますが、

同じ動きを同じテンポで繰り返していると、骨端線がその刺激に慣れてしまい、細胞分裂を活性化させることがなくなります。

 

だからジャンプや縄跳びを続けても、

身長が伸びる運動ではありませんので、そこまでの効果はないと理解しておきましょう。

骨端線への刺激は様々な動きを組み合わせることが大切

縦方向の動きが骨端線にとって良い刺激になるものの、同じ動きばかりを繰り返しているとその刺激に慣れてしまうのであれば、様々な動きを組み合わせると良いでしょう。

 

実際のスポーツで考えてみると、

バスケットボール選手やバレーボール選手は背が高いですよね?

 

練習や試合をイメージすると、

ジャンプをすることはもちろん、走り続けたり、急に止まったり、フェイントをかけたりと様々な動きがあることが分かります。

 

この動きの組み合わせが骨端線にとって良い刺激になりますし、身長が高いほど競技成績がよくなる傾向があるスポーツ。

 

だから高校や大学、プロになればなるほど、

身長が高い人が選手として生き残る可能性が高くなり、結果的に選手全体の平均身長が高くなるという仕組みもあります。

 

背が低いと技術面がよほど秀でていないと、

一流の選手として活躍することができませんので、選手間の競争の中で背が高い選手の方が有利に活躍できるので、当然といえば当然でしょう。

 

様々な要素が絡み合っていますが、バスケットボールやバレーボールは身長が伸びやすいスポーツだということは間違いありません。

 

ただすべての選手が高身長ではない。

このことを理解して、バスケットボールやバレーボールをすれば、確実に身長が伸びると誤解しないことも大切です。

背が伸びるのは運動だけではなく、睡眠と食事も大切な要素

運動は骨端線の刺激になるだけではなく、

成長ホルモンの分泌が行われるきっかけにもなりますが、運動だけをしていれば身長が伸びるわけではありません。

 

運動は筋肉や細胞にダメージを与えますので、

それを回復させるために、睡眠時間の確保や食事での栄養補給も非常に大切です。

 

睡眠と食事を考えずに運動だけしていても、

身長が伸びるどころか、身体の成長や健康に悪影響を及ぼすことがわかっていますので、運動に組み合わせて考えたい部分です。

 

運動後の睡眠は疲労回復のためにその質も良くなりますので、しっかり熟睡して身体の疲れを取りつつ、成長ホルモンの分泌量を増やすことも大切。

 

成長ホルモンの分泌量が増えれば、

それだけ骨端線での細胞分裂が活性化されますので、身長が伸びる効率がよくなり、成長期の身長の伸びを最大化することができます。

 

さらに身長を伸ばすためには、骨の成分となる栄養素を食事で補給しておくことも大切ですし、栄養不足で身長が伸び悩んでいる子供も増えています。

 

骨を効率的に伸ばしたいのなら、

カルシウムではなくタンパク質を優先的に摂取して、骨の骨格部分を形成するコラーゲンの合成を促すようにしましょう。

 

カルシウムは骨の強化に役立ち、タンパク質を形成するアミノ酸がコラーゲンの合成に使われ、骨を伸ばす際に最も最初に必要になる栄養素。

 

この点を誤解しているお母さんも多いので、

運動後には良質なタンパク質をしっかり摂取させることや、普段の食事でもタンパク質を中心に栄養バランスに優れたものを食べさせることを意識してくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!