子供の背が低い低身長の悩みを克服する方法は?

今更伸びないと諦めてしまう前にお母さんが主体でできる試すべきことを徹底解説。

 

背が低いままで止まってしまうリスクを

少しでも改善するためには、お母さんと本人が連携して取り組むことが大切ですが、中学生や高校生でも間に合う可能性がある方法を紹介します。

背が低い悩みを克服するためにも諦めてはいけない

子供の背が低いけど遺伝だし仕方がない。

もう中学生や高校生になってしまったので、これから急激に伸びることもなく、低身長のまま過ごさなければならないだろう。

 

不本意ながらもそんな気持ちで、子供の背が低いことを肯定してしまうお母さんもいらっしゃるでしょう。

 

確かに背が低いのは遺伝の影響もありますし、

中学生や高校生になっても身長の伸びが悪いと、そのままの状態で推移したり、身長の伸びが止まってしまうこともあるでしょう。

 

ひとつだけ言えることは、

身長はもう伸びないと諦めた時点で、お子様の身長の伸び方を改善することはできませんので、そのままの低身長で止まってしまうことになります。

 

低身長の悩みはかなり根深く、

背が低いだけで自分に自信を持てなかったり、相手から見下されてしまうこともあるので、できるだけ状況を改善してあげたいところ。

 

そのためにも最も大切なことは、お母さんも本人も諦めないこと。

 

諦めるということは、

身長の伸びを改善できる可能性を捨ててしまうということですので、最後まで諦めないようにしましょう。

骨の骨端線が閉鎖していれば諦めるしかない

現実的な話を先にしてしまうと、

骨の骨端線が閉鎖している状態だと、お母さんや本人がどんなに骨を伸ばそうとしても、自然に身長が伸びる事はありません。

 

一般的に骨端線の閉鎖は、男性は17〜18歳、女性は15〜16歳だと言われていますので、この年齢なら、最初に骨端線の状態を確認することも大切。

 

骨端線はレントゲン撮影を行うと、

どのような状態なのかがわかりますので、それを踏まえて身長を伸ばす努力を続けるか、諦めるかを決定するのもひとつの方法です。

 

骨端線が閉鎖している場合は、

外科手術のイリザロフ手術やISKD手術でしか、骨を伸ばすことができませんので、サプリメントや成長ホルモン充填療法などを行っても難しいでしょう。

 

骨端線が閉鎖していなければ、

様々な状況を改善することで、身長の伸び方を改善することもできるはずですので、諦めずにチャレンジすると良いと思います。

 

低身長のままで止まってしまうと、将来的にも後悔することが多いと思いますので、背が伸びる可能性がある時には、しっかりその可能性を活用することも大切ですよね。

中学生や高校生の栄養補給が背が伸びる要素

最近の子供の身長が伸び悩む原因のひとつが、食事による栄養補給ができていない部分。

 

特に中学生や高校生になる年齢では、

ダイエットをしたり、時間がないので朝食を抜いてしまったり、食事で摂取している栄養素が減少している現状があります。

 

それと食事はしっかり食べているものの、成長に役立つ栄養素が少ないものしか食べていない人もおり、その場合も食習慣の改善が必要になります。

 

  • インスタント食品
  • レトルト食品
  • 冷凍食品
  • ファーストフード
  • ジャンクフード

 

こういった食事ばかり食べていると、骨の成長に必要な栄養素を十分に補給できずに、栄養不足が原因で、身長が伸び悩むことがありますので注意しましょう。

 

これは特に成長期のお子様をお持ちのお母さんに知っておいてほしいことですが、子供には2つの栄養素が必要です。

 

  • 普段の生活のための栄養素
  • 身体を成長させるための栄養素

 

最近の成長期の子供に不足しがちなのが、身体を成長させるための栄養素。

 

食事で摂取した栄養素は、優先的に普段の生活のために活用され、その残りが身体を成長させるために使われます。

 

こういった仕組みがあるので、

成長に必要な栄養素が不足していることで、骨が伸びずに身長が伸び悩むという状況に陥ってしまいますので、注意してくださいね。

食事で栄養補給できないならサプリメントを活用しよう

成長期の子供が積極的に摂取すべき栄養素の中でも、特に大切なのが良質なタンパク質。

 

タンパク質摂取量が少ないと、

骨を伸ばすことができなかったり、筋肉や皮膚、臓器や血管などを作れなかったり、ホルモンの分泌にも悪影響が出ます。

 

タンパク質はしっかり食べさせていると考えるお母さんも多いと思いますが、日本人のタンパク質の平均摂取量は激減していますので、お子様も同じ状態かもしれません。

 

1950年代に68.0gだったものが1994年には79.7gまで増加し、2015年には69.1gまで減少。

 

現在もタンパク質摂取量は減少傾向が続いていますので、骨の原材料が不足して身長が伸び悩む状況は変わっていません。

 

この状況を理解しているお母さんは、

タンパク質や骨の成長に必要な栄養素の補給に良質なタンパク質を中心に栄養バランスに優れたサプリメントを活用しています。

 

身体を成長させるための栄養素が不足し、

子供の身長が伸び悩み、背が低いままで人生を過ごさなければならないというのも可愛そうですし、それをサプリメントで改善できるのなら、比較的簡単な方法だと思いませんか。

 

ただサプリメントを選ぶ際には、

実際に摂取できる栄養素の種類とその量をしっかり確認すること、さらに原材料の多くが天然由来成分のものを選ぶと失敗しません。

 

中学生や高校生になると成長期が終わるまでの時間は、あまり残されていませんので、少しでも効率的な栄養補給を行うことが基本。

 

そういった事も踏まえて、少しでも効率的な方法を選んであげてくださいね。

背が低い低身長の悩みを克服の記事まとめ

子供の背が低いのは、栄養不足か成長ホルモンの分泌量が少ないか、そのいずれかを改善することが最も効果的。

 

成長期になっても家庭でできる方法が、成長に必要な栄養補給を徹底して行うことですので、それを意識しておきましょう。

 

  • 背が低い悩みを克服するためにも諦めてはいけない
  • 骨の骨端線が閉鎖していれば諦めるしかない
  • 中学生や高校生の栄養補給が背が伸びる要素
  • 食事で栄養補給できないならサプリメントを活用しよう

 

遺伝による背の低さに対する影響はわずか23〜25%ほどなので、残り75%は後天的な要素。

 

その中でも栄養補給に関する部分は、

お母さんが主体的に食事内容を改善したり、サプリメントを活用することで克服できることですので、そこを意識的に取り組んであげましょう。

 

栄養面のサポートを3ヶ月〜6ヶ月続けることで、

身長の伸びに変化が出てきますので、すぐに効果が出ないと諦めずに、少しだけ長い目で見てあげてくださいね。

 

背を伸ばす薬や特効薬もありませんので、

お母さんが主体的に取り組んであげることが大切ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!