背が低いだけでいじめの対象になる。

小学生や中学生の時期の子供に多い状況ですが、なぜ背が低いだけで周囲からいじめられたり、からかわれたりしてしまうのでしょうか。

 

理不尽な状況を克服する方法があるのか、

低身長の子供がいじめの対象になってしまう理由を含めて、徹底検証したいと思います。

子供のいじめの現状を知ることが重要です。

文部科学省も、

子供のいじめに対しては様々な施策を行っていますが、今だ解決できていない状況があります。

 

特に平成28年度は過去最悪、

小学校、中学校、高校、特別支援学校におけるいじめの認知件数は32万3,808件と昨年比9万8,687件と急増している状況。

 

世代別の状況は、

 

  • 小学校:23万7,921件(前年15万1,692件)
  • 中学校:7万1,309件(前年5万9,502件)
  • 高校:1万2,874件(前年1万2,664件)
  • 特別支援学校:1,704件(前年1,274件)

 

小学校低学年でのいじめが増えており、

心も体も成熟する前の子供に対して、いじめがより深刻な影響を与えていることがわかっています。

 

ちなみに最もいじめの認知件数が多いのは、京都府の1000人あたり96.8件で、最も低いのが香川県の1000人あたり5.0件。

 

19.4倍もの格差があるので、

お住いの地域によっては、いじめの被害者にも加害者にもなりやすい環境があることを理解しておきましょう。

いじめによる不登校や退学も増えている

いじめにも様々なレベルがありますが、

最も多いのは、「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」の62.5%。

 

「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする」は21.6%だったのに対して、3倍もの状況です。

 

最近のいじめの特徴のひとつが、

スマホやPCなどを使ったいじめが1万783件もあるという状況。

 

親や教師からは見えにくいLINEの専用グループやSNSを使ったいじめが増えていることも、問題の深刻化に拍車をかけているのかもしれません。

 

いじめがひどくなると不登校になってしまうことも多く、

 

  • 小学校:3万1,151人(前年2万7,583人)
  • 中学校:10万3,247人(前年9万8,408人)
  • 高校:4万8,579人(前年4万9,563人)
  • 特別支援学校:4万7,623人(前年4万9,263人)

 

高校と特別支援学校以外は、

増加傾向が続いていますので、いじめをきっかけにした不登校や退学にも注意が必要でしょう。

 

なぜいじめを起こるのか?

いじめが始めるには、幾つかの特徴的な要素があることがわかっています。

いじめの対象になる特徴やきっかけは?

ここ数年急増しているいじめですが、

子供の場合、ふとした瞬間にいじめの対象になってしまうことが多く、

 

  • 周囲との見た目に違いがある子供
  • 優れた特技や特徴がある子供
  • 気の弱い、見た目が弱そうな子供

 

背が小さくてメガネをかけていれば、メガネデブとか子供は悪意なく発言しますが、それがきっかけで、ニックネームになってしまうことも。

 

特に背が低い子供は、

見た目が弱く、筋力も体力も優れていなのでいじめの対象になってしまうことが多いようです。

背が低い子供がいじめの対象になりやすい理由は?

背が低いことで考えられるデメリットは、

 

  • 目線が低いことで弱そうに見える
  • 声が小さくモジモジ話す子供が多い
  • 背が高い子供が優越感を感じやすい
  • 漫画でもいじめの対象になるのは背が高い子供
  • チビ・デブ・ハゲはいつもいじめの対象

 

小学校低学年で背が低くても、

成長期に一気に身長が伸びて、最終的に高身長になる子供もいますが、いじめがひどくなると、身長が伸びにくい状況になってしまいます。

 

小学生のいじめは精神的にも辛く、

常にストレスを感じてしまい、成長ホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまう可能性もありますし、それが原因で背が伸び悩むことも。

 

いじめには一切メリットはありませんので、もしお子様がそういう状況になってしまったら、親としては極力サポートしてあげたいところ。

 

身なりに問題があれば、

きれいな服を買ったり、髪の毛を切ったりするなど、簡単に清潔感をだすことで改善できるかもしれません。

 

しかし背が低いという原因だと、

短期間に改善することは難しく、親子でしっかり向き合って行く必要がありますので、連携して進めたいところ。

背が低い状況を改善する方法とは?

何を改善してあげると、

子供の背が伸びて、いじめの対象から抜け出すことができるのか?

 

  • 睡眠習慣
  • 運動習慣
  • 食習慣
  • ストレス状況

 

この4つを改善することが大切で、

小学校低学年の子供なら、食習慣と睡眠習慣の改善を優先して行ってあげましょう。

 

小学校低学年でも年間5〜6cmは背が伸びるので、1〜2年のスパンで考えてあげると、チビだからいじめの対象になるという状況を抜け出せるかも。

 

小学校高学年や中学生、高校生になっていじめの対象にならないようにするためにも、幼少期から身長の伸びを意識した生活習慣で過ごすことも大切です。

 

ちょっとしたことで始まるいじめ。

小学校低学年では見た目の違いや弱そうな印象を与えることがきっかけになってしまうことも多いので、背が低いという理不尽な理由でいじめられないように注意しておきましょう。

 

いじめの相談をしても解決できない。

文部科学省では、「子供のSOSの相談窓口」という子供のいじめ相談を24時間受付ている場所もありますので、担任や学校で解決できなければ、上手く活用しましょう。

 

18歳までの子供のいじめを対象にした「いじめの相談窓口」が多数ありますので、こういった仕組みも活用しつつ、いじめの原因を解消する努力を続けることをおすすめします。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!