早熟傾向が強いと、身長が伸びないで成長期が終わってしまう特徴があると話題になっています。

日本人と欧米人の身長の高さの違いが、まさに早熟タイプか晩成タイプなのかのという成長期の到来の時期の違い。

実際にどのようなことをすると早熟傾向が強まるのか、成長期と身長の関係について解説します。

成長期の時期は個人差があり、身長の伸びる期間も大きく異なる。

成長期の到来が早ければ早熟タイプ、遅ければ晩成タイプに分類されますが、身長をしっかり伸ばしたいのであれば、早熟タイプを避けることが大切。

しかもこの成長期の到来は、幼少期からの生活習慣や運動習慣などの影響を受けることがわかっていますので、努力次第で晩成タイプにすることも。

ただ幼少期から積み重ねで決まりますので、成長期が到来する年齢になって努力しても、早熟タイプから晩成タイプに変更することは出来ません。

その点は最初に理解してくださいね。

そして成長期の到来が遅い方が身長が伸びる期間が長くなりますので、少しでも身長を伸ばしたければ、早熟タイプにはならないこと。

早熟タイプだと低身長で止まってしまったり、心と身体のアンバランスが起こりやすいので、出来る限り避けたいところ。

成長期の到来による身長の違いについて、日本人と欧米人の関係も含んで紹介します。

日本人と欧米人の平均身長の違いは、成長期の到来時期が大きく影響している

日本人男性の平均身長は170cmで、欧米人(アメリカ人)は177cmくらいだと言われていますので、かなり身長差がありますよね。

この平均身長の違いは何が原因なのかと言えば、成長期の到来の時期の違い。

実は日本人と欧米人では、成長期の到来が男子も女子も日本人の方が1年から1年半ほど早いことがわかっています。

つまり日本人はそれだけ身長が伸びる期間が短くなりますので、男子だと7cmほどの身長の違いは、まさにその間で伸びる身長。

成長期前のタイミングでは、年間5〜6cmほどの身長の伸びが一般的なので、そのくらいの平均身長の違いも当然ですよね。

だからこそ、少しでも身長を伸ばしたいのであれば、成長期の到来を遅らせることが大切ですし、その進行をゆっくりにすることも大切。

成長期の到来が早いと骨端線の閉鎖も早くなり身長が伸びない!

成長期の長さは早熟タイプでも、晩成タイプでもほぼ同じですので、少しでも到来を遅くした方が、身長を伸ばす期間が長くなることで、欧米人のように高身長になれます。

そして成長期の終わりは、骨の骨端線の閉鎖を意味しており、そこからは自然に身長を伸ばすことができなくなるということ。

これは本当に避けたいところですが、誰でも起こることなので仕方がありませんし、逆に骨端線が閉鎖しなければ、身長が伸び続けるのでそれも困りもの。

だからこそ、骨端線が残っているタイミングでしっかり身長を伸ばすことが大切。

早熟タイプの場合は、それだけ成長期の到来が早く、あっという間に終わってしまうので、身長を伸ばすことができる期間が短くなります。

逆に成長期の到来が遅い場合は、しっかり身長を伸ばすことができる期間が長くなりますし、成長期の到来が遅いことで健康上の問題は一切ありません。

であれば、身長をしっかり伸ばせて、少しでも高身長になれる可能性がある方が良いですよね?

でもどうすれば、早熟傾向を弱めることができるのか?

これは幼少期から睡眠習慣が非常に大きな影響を与えていたんです。

子供の慢性的な睡眠不足が、早熟傾向を強める原因になる。

最近は睡眠負債という言葉が話題になるくらい、日本人は慢性的な睡眠不足。

これは大人だけの話ではなく、子供も一緒で、特に幼少期からの慢性的な睡眠不足は、子供の早熟傾向を強める原因なので注意が必要です。

最近は深夜のコンビニやレストラン、居酒屋にまで子供がいることがありませんか?

明らかにそういった生活習慣で過ごしているのなら、子供は早熟タイプに成長してしまいますので、気をつけましょう。

実際に世界的な睡眠時間の調査を行なったデータをチェックすると、最も睡眠時間が長かったニュージーランド人と日本人の3歳児の睡眠時間の違いは毎日100分。

3歳の段階から毎日100分も睡眠時間が異なることで、どれだけ睡眠不足が続いているのかということがわかると思います。

睡眠不足になるとメラトニンの分泌量が減少することに。

メラトニンには睡眠ホルモンとしての作用と、性ホルモンの分泌を抑制する作用があり、成長期の到来には、性ホルモンの分泌量を抑制することが重要。

性ホルモンが一定量に到達することで性成熟が高まり、成長期が始まります。

だから少しでも、性ホルモンの分泌量を抑制することができるメラトニンを分泌することが大切ですし、睡眠時間は身体を成長させるためにも大切な時間。

睡眠中に分泌される成長ホルモンの影響で、成長期の子供の身長が急激に伸びますので、その分泌量を確保することが大切。

毎日しっかり睡眠時間を確保して、少しでも大量の成長ホルモンを分泌できるようにしましょう。

肥満体型やぽっちゃり体型は性成熟を促進し、早熟タイプになる。

睡眠時間とともに、成長期の到来に影響を与えるのが、肥満体型やぽっちゃり体型の子供に多い脂肪細胞。

実は脂肪細胞は、性ホルモンの最大の受容体なので、その分泌量が増えることに。

性ホルモンの分泌量が増えると、それだけ性成熟が進んで成長期の到来が早い早熟タイプになってしまいます。

最近の子供に生活習慣病を発症している割合が増えており、治療のガイドラインが制定されるなど、非常に大きな問題に。

単に健康上の問題があるだけではなく、成長期の到来も早くなりますので、将来的な低身長のリスクも拡大することに。

そういったデメリットしかないことがわかっていますので、運動習慣や食習慣を改善して、少しでも標準体型に近づけることが大切です。

幼少期からの運動習慣はすごく大事で、運動神経を良くしたり、成長期の骨端線の刺激にも運動が効果的なので、しっかり意識しておきたいところ。

睡眠時間と体型に気をつけるだけでも、子供の早熟傾向を弱め、成長期の到来を遅くすることが出来ますし、身長をしっかり伸ばすこともできます。

本当に大切なことですので、幼少期から過ごし方を意識して改善してあげましょう。

すでに成長期に入っている子供の場合は、朝起きたら朝陽を少し浴びることで、体内時計がリセットされ、メラトニンの分泌量が増えることがわかっていますので、それもおすすめかも。

しっかり睡眠時間を確保して、朝陽を浴びる生活習慣を送りつつ、運動やスポーツを行うことで、身長の伸びを効率化することができますので、実践していきましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!