成長期のストレスが原因となり、

成長ホルモンの分泌量に悪影響を及ぼして、子供の身長の伸びに変化が出ることがあるのを知っていますか。

 

子供は大人と違ってストレス耐性も低く、

環境の変化や新しいことへのチャレンジなど、日々ストレスに晒されやすい環境で過ごしています。

 

慢性的なストレス状態が続くことは成長ホルモンの分泌量に悪影響を与え、身長が伸び悩む原因になると言われていますので、どのような理由でそうなるのかを徹底検証します。

子供と大人のストレス比較、どんな時にストレスを感じるのか?

ストレスという視点で子供の生活環境を考えてみると、

 

  • 人生経験の少ない子供
  • 人間関係をうまく構築できない子供
  • 上級生や友達の影響を受けやすい子供
  • 親のしつけが必要な子供
  • 勉強をし続けなければならない子供
  • 新しい環境に身を置くことが多い子供
  • ストレス耐性の低い子供

 

大人は大人で子供はのんきだと考えてしまう部分がありますが、子供は子供なりに日々様々な状況に直面して、それをきっかけにストレスを抱えることもあります。

 

どちらのストレスが軽いとか、

そんな話をするつもりはありませんが、大人も子供もストレスを受けるという意味では変わらないことを知ってほしいだけです。

 

子供と大人のストレスでの一番の違いが、身体に起こる変化ではないでしょうか。

 

大人は暴飲暴食で太ってしまったり、ストレス過多で髪の毛が抜けてしまったりするなど、表面的な変化が先に現れます。

 

しかしストレス状態の子供は、

表面的な変化よりも内面的な変化が先に起こり、慢性的なストレス状態が続くことで、成長ホルモンの分泌量に悪影響が出てしまい、低身長のリスクが高まります。

成長期のストレスは愛情遮断性低身長症を発症する

家庭以外の日常生活で感じるストレスが原因で、成長ホルモンの分泌量に悪影響を与えることもあれば、家庭での愛情不足が原因で成長に悪影響を与えることもあります。

 

愛情遮断性低身長症という症状を知っていますか?

近年増えている子供の疾患のひとつで、日常生活の中で子供が主に母親からの愛情を十分に感じられずに育ったことをきっかけに発症する疾患。

 

愛情不足が原因でストレス状態になり、

精神的・心身的に発達を阻害してしまう病気で乳幼児から6歳位の子供に多い症状です。

 

愛情不足だけではなく虐待なども伴うことがあり、食事を十分に与えてもらえずに、低身長や極度の痩せ型など見た目でもわかる状態に。

 

両親とうまくコミュニケーションが取れない子供は、ストレスや不安を感じることも多くなり、ぐっすり寝ることができずに睡眠の質が低下。

 

成長期の睡眠の質の低下は、

成長ホルモンの分泌量や質にも直結する問題ですので、子供の成長を阻害してしまうのも納得できるでしょう。

 

愛情遮断性低身長症でなくても、

成長期にストレス状態が続くことは子供の成長には全くメリットがないことですので、その状況を改善してあげることが大切です。

慢性的なストレスは交感神経を高め睡眠の質を低下させる

子供も大人も慢性的なストレス状態になると、

交感神経が常に優位な状態になり、自律神経のバランスが大きく乱れます。

 

成長ホルモンの分泌には、副交感神経が優位になりリラックス状態で寝る必要がありますが、交感神経が優位になると脳が休むことができません。

 

1日の中で最も成長ホルモンが分泌されるタイミングが睡眠時間。

 

その時間にリラックス状態でいること。

これが成長ホルモンの分泌量と質に良い影響を与える条件ですが、真逆の状態になっていることで悪影響しかありません。

 

交感神経が優位な状態とは、常に脳が興奮状態にあるということ。

就寝中も脳が休むことができなければ、脳下垂体から成長ホルモンがうまく分泌されませんし、全身が緊張状態になります。

 

普段の生活でダメージを受けた細胞や筋肉の修復もうまく進みませんし、身体を成長させることがさらに難しくなってしまうでしょう。

 

その状態が毎日続くとどうなるのか?

身長を伸ばせない日々を過ごしてしまい、気付いた頃には成長期が終わって身長を伸ばすことができなくなり、低身長で悩むことになります。

 

非常に残念な話ですが、

慢性的なストレス状態が表面化せずに、知らぬ間に自分の成長を抑制してしまっている子供が多いので注意が必要だと理解しておきましょう。

成長期の子供は家庭でのストレス発散を心がけることも大切です

愛情遮断性低身長という疾患があるように、

子供がストレスを感じたり、親からの愛情を感じずに育つことはデメリットしかありません。

 

学校でも家庭でもストレスから逃げる場がない子供。

だからこそ、お母さんが積極的にストレス状態をチェックして、適度に発散させてあげることが必要でしょう。

 

大人の場合はお酒を飲めばOKな人もいますが、

子供の場合はそうは行きませんし、好きなことをさせてあげる時間を作ったり、親子で話をすることでもストレスを緩和できます。

 

親子のコミュニケーションがうまくいかないなら、

40度前後のぬるま湯の湯船に15分ほど浸かるだけでも副交感神経が優位な状態になりますので、ストレスを発散することに繋がります。

 

大切なことは日々少しずつはけ口を用意してあげることで、大人も子供もストレスが一定基準を超えると、精神疾患を発症するリスクも高まるでしょう。

 

そうなってからでは回復に時間がかかりますし、

普段から少しでもはけ口があれば、深刻な状態を予防することもできますので、温かい目で見守ってあげることも大切です。

成長期のストレスが成長ホルモンに悪影響の記事まとめ

成長期だけではありませんが、

大人も子供もやはり慢性的なストレス状態が続くことは良いことがありません。

 

子供のストレス耐性は大人に比べると低めで、

様々なストレス要因が溢れる環境で過ごしていることを理解してあげることも大切。

 

  • 子供と大人のストレス比較、どんな時にストレスを感じるか
  • 成長期のストレスは愛情遮断性低身長症を発症する
  • 慢性的なストレスは交感神経を高め睡眠の質を低下させる
  • 成長期の子供は家庭でのストレス発散を心がけることも大切

 

身長を伸ばすことができるのは成長期までですし、

成長期の身長の伸びを支えるのが、この時期に分泌される成長ホルモンの分泌量ですので、そのことをしっかり理解してあげましょう。

 

成長期にしっかり身長を伸ばすためにも、

成長ホルモンの分泌量と食事での栄養補給をしっかり考えてあげることが大切ですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!