思春期の時期に子供の身長の伸び方や、伸び率を最大化する生活習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。

実際に子供の身長を伸ばす理由や思春期との関係性を紹介することで、この時期の身長の伸び率を変化させませしょう。

思春期や成長期の到来を早める早熟化が与える悪影響なども含め、身長を伸ばしたい人が知っておくべき情報をまとめて紹介します。

成長スパート期を知れば、思春期の身長の伸び方が変わるかも

思春期の成長に合わせて、最近は成長スパート期という考え方があるのを知っていますか?

今までは思春期や成長期といえば、結構長い期間を指していましたが、思春期の中でも身長が特に伸びる期間を成長スパート期と命名し、より効率的に身長を伸ばそうという考え方。

だからあなたが考えている以上に早い時期に成長スパート期が到来し、気づかないうちに思春期だったなんてこともあるんです。

実際に思春期や成長スパート期の到来は、男子よりも女子のほうが2〜3年早いことがわかっており、この急激に身長が伸びる成長スパート期を最大限活用すればより高身長になれることに。

ちなみに成長スパート期を知るには、毎月の身長の変化を記録して、ほぼ一定だった身長の伸び幅が、3ヶ月連続で急増すると成長スパート期に突入したと考える事ができます。

成長スパート期だけでも30センチほど身長を伸ばすことができる人もいますので、そのタイミングを知っておくとより効率的に活用できるでしょう。

ちなみに最近の傾向でいえば、女子は小学校3年生頃、男子は小学校5〜6年生頃に成長スパート期が到来しますので、女子の場合はかなり早いということを理解することが必要です。

思春期の身長の伸び率を増やすのは、成長ホルモンの分泌量

思春期の前半部分にある成長スパート期で子供の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの分泌量が増えるから。

だからしっかり身長を伸ばしたいのであれば、成長ホルモンの分泌量を少しでも増やす生活習慣で過ごすことが大切。

厳密的なことをいえば、骨の骨端線に対して、成長ホルモンと性ホルモンが作用することで、骨端線の軟骨細胞の細胞分裂を活性化し、急激に身長が伸びるんです。

ただ性ホルモンの分泌量が増えることは、骨年齢の上昇を招くので、あまり好ましくないこと。

思春期にしっかり身長を伸ばしたいのであれば、性ホルモンの分泌量を抑制しつつ、成長ホルモンの分泌量を増やすような生活習慣が基本です。

性ホルモンの分泌量を抑制するには、規則正しい睡眠習慣でしっかり睡眠時間を確保することが大切で、その際に分泌されるメラトニンの作用に性ホルモンの分泌抑制効果がありますので、それを活用すべき。

また成長ホルモンの分泌量を増やすには、入眠直後の3時間でどれだけ質の高い睡眠(熟睡)になれるのかが非常に大切です。

睡眠開始後3時間に2回訪れるノンレム睡眠の最も深い睡眠状態の時に、ひと晩に分泌量されるほとんどの成長ホルモンが分泌されますので最初の2回が重要。

このタイミングで熟睡することが、思春期の身長の伸びを最大化するきっかけになりますので、確実に睡眠の質は意識しましょう。

思春期に身長を伸ばしたいのなら、成長に必要な栄養成分を摂取しよう

これ凄く基本的な部分ですが、多くの人がこのことがわかりつつも、実際には実践できていないんです。

先ほども簡単に説明したように、成長スパート期は女子だと小学校3年生頃から始まりますので、そのタイミングでしっかり食事を食べている子供がどのくらいいるのでしょうか。

1日3食は食べているでしょうが、その際に成長に必要な栄養成分を厳選し、それらを量も含めしっかり食べていると考えると、非常に少ないような気がします。

小学校3年生といえば、まだまだ好き嫌いも多く、食も細い年齢ですから仕方がないといえば、仕方がない話ですが、それでは子供の身長が効率的に伸びないということ。

しかも身長を伸ばしたり、身体を大きく成長させるためには、大量のタンパク質が必要ですが、思春期の前半部分で、それをしっかり食べている子供は少ないでしょう。

子供の身長を伸ばしたいのなら、食事で摂取すべき栄養成分は、カルシウムではなくタンパク質ですよ。

この部分を誤解している人も多いですが、カルシウムは骨を強化する成分で、骨を伸ばすにはタンパク質を吸収する際に分解されたアミノ酸を原料に合成されるコラーゲンが必要なんです。

思春期にタンパク質摂取量が少なすぎると、効率的に骨を伸ばすことができずに身長が伸び悩む傾向が強まりますので、その点は注意しましょう。

ちなみに骨の成長に必要な栄養成分は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6種類ですので、普段の食事でしっかり摂取してくださいね。

思春期に身長が伸びないのは運動不足による影響かも。

思春期でも前半の成長スパート期は女子なら小学校3年生だという話をしていますが、あなたのお子さんは外遊びをしていますか?

小学校3年生だとまだまだ室内でおままごとをしたり、タブレットやスマホをいじったりと、外遊びをするよりも、室内で過ごす時間が多くないでしょうか。

運動することも、子供の身長を効率的に伸ばす際には、非常に大切なことで、運動不足が原因で身長が伸び悩むということも起こりえます。

まず運動習慣があることで、成長ホルモンの分泌量が増えることがわかっていますので、運動をすることで身長の伸び率を向上させることが可能。

さらに運動による刺激が骨の骨端線に届くと、それをきっかけにして骨端線での細胞分裂が活性化される効果も。

これだけでも十分な効果ですが、運動により脂肪細胞が減少することで、性ホルモンの分泌量が増えにくい状態になるメリットまであるんです。

このように様々なメリットや効果があるので、思春期に身長をしっかり伸ばしたいと考えるのなら、普段から運動習慣を身につけておくことが大切。

運動といってもスポーツではなく、鬼ごっこや追いかけっこなどの外遊びでも十分ですので、普段から身体を積極的に動かすようにしてくださいね。

そうすることが、思春期での身長の伸び率を向上させるきっかけのひとつになりますよ。

思春期の到来を遅くすることで、身長の伸び方が変化する!

これは男子にも女子にも共通することですが、思春期の到来時期には個人差があり、早熟傾向が強い人もいれば、晩成型の人もいます。

そして早熟型の人と晩成型の人の身長を比較すると、間違いなく晩成型の人の方が身長が高くなることに。

これは晩成型の子供の方が、身長を伸ばすことができる期間が長い傾向があるから。

当然ですが身長を伸ばすことができる期間が長くなれば、それだけ最終身長に違いが出ますよね?

一般的に思春期の到来が1年遅くなれば、最終身長が5〜6cmほど高くなると言われていますので、かなり大きな違いになるでしょう。

思春期の到来を遅くするというのは、性成熟の進行を抑制することですので、性ホルモンの分泌量を抑制できるような生活習慣が必要だということ。

その為にも性ホルモンの最大の受容体である脂肪細胞を少なくすること、さらに性ホルモンの分泌抑制効果があるメラトニンの分泌量を増やすことが大切。

メラトニンの分泌量を増やすには、睡眠時間をしっかり確保して、朝陽を浴びる生活習慣で過ごすことで、体内時計をしっかりリセットすることが必要です。

日々の睡眠時間の積み重ねと、標準体型で過ごすことが性ホルモンの分泌量を抑制し、子供の早熟化を抑制してくれますので、できるだけ幼少期から意識してくださいね。

すでに思春期が到来している場合でも、性ホルモンの分泌量を抑制できれば、思春期の進行を緩やかなものに変化することができますので、是非実践してみてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!