男子も女子も中学1年生の時期に、何センチ身長が伸びるかで将来的な低身長のリスクが大きく変わるのを知っていますか。

身長を少しでも伸ばしたいと考えているのなら、中学1年生の時期をどう過ごすのかが非常に大切。

実際に中学1年生というタイミングが、どれだけ身長の高さに影響するのかを実際のデータを踏まえて紹介します。

中学1年生の過ごし方で、最終身長の高さが大きく変わる!

中学1年生という時期は、身長を少しでも伸ばしたいと考えている人にとっては非常に大切なタイミングで、この時期の過ごし方次第で、最終身長が大きく変わることに。

もしあなたが何も考えずに、中学1年生の1年間を過ごしてしまうと、確実に低身長のリスクが高まると認識しましょう。

それくらい大切な時期ですので、まずはそのことを認識することが大切です。

男子にとっては中学1年生の1年間は、最も身長が効率的に伸びる時期ですので、このタイミングで何センチ伸ばせるのかが重要なこと。

女子にとっては中学1年生の1年間は、身長が伸びる最後の1年間だと理解してください。

女子の場合、実際に中学生以降に伸びる身長の半分程度が中学1年生の1年間で伸びますので、この1年でどこまで伸ばせるのかが非常に重要です。

このように男子も女子も中学1年生は、最終身長がどうなるのか?ということに非常に重要な影響を与える1年間ですので、しっかりと意識して過ごすようにしましょう。

では実際に身長を伸ばすためにどうすれば良いのか、男子と女子が意識して行うべき方法や情報をまとめて紹介します。

中学1年生で身長を伸ばしたい女子中学生は栄養摂取を意識する

女子中学生が中学1年生の1年間で、しっかり身長を伸ばしたいと考えているのなら、食事による栄養摂取は意識すべきポイント。

骨端線がまだ残っていることと、成長ホルモンがしっかり分泌されているのなら、成長に必要な要素は食事で摂取した栄養成分。

特に最近の中学1年生の女子は、ダイエットを行ったり、朝食を食べなかったりと、普段から摂取している栄養成分が少ない傾向があります。

成長期や思春期で、大人の身体に成長させなければならないタイミングで、成長に必要な栄養成分が不足している状態では、成長に悪影響が出ても仕方がない話。

普通に食事をしていても、成長に必要な栄養成分の全てを摂取できない時期なのに、自ら栄養不足になるような行動を取るのは間違いです。

この1年間の栄養摂取が、最終的な身長の伸びに大きな影響を与えますので、本当に効率的な栄養摂取が必要。

特に骨や身体の成長に役立つタンパク質をしっかり摂取すること。

女子中学生なら魚介類や大豆製品などの良質なタンパク質を摂取することで、肉類にありがちな高カロリー高脂肪を避けることもできます。

魚介類の摂取量を増やすと、タンパク質+カルシウムという骨の成長に必要な栄養成分を効率的に摂取できますので、非常におすすめですし、調理方法でも摂取できる栄養成分が変わることに。

焼き魚や煮魚なども良いですが、刺し身や生の状態で摂取することで、魚介類に含まれている酵素やビタミン類などもしっかり摂取できますので、調理方法も工夫しましょう。

初潮や生理が始まっていても女子中学生の身長は伸びる。

中学1年生になると、初潮や生理が始まっている女の子がほとんどではないでしょうか?

初潮や生理が始まると身長が伸びないのではないか?と考える人もいるようですが、初潮や生理は成長期の後半に入ったことを意味していること。

そして平均的には、初潮や生理が始まっても6cmほどは身長が伸びると言われていますので、成長期が終わるまでにどこまで身長を伸ばすことができるのかが重要なポイント。

その為には、少しでも効率的に身長を伸ばすことができる方法を選んで実践してあげることが大切です。

特に中学1年生の過ごし方を意識して、残された時間でしっかり身長を伸ばすようにしてください。

平均的に中学1年生では、3.1cmほどは身長が伸びると言われていますので、それよりも少しでも身長の伸びを増やすこと。

初潮や生理は骨端線が閉鎖し始めるほど、大量の性ホルモンが体内で分泌されていることを意味しています。

女性ホルモンのエストロゲンは骨年齢を上昇させ、骨端線を閉鎖する作用がありますので、初潮や生理はそれを伝えてくれる身体からの信号。

もし中学1年生の段階で、初潮や生理が始まっていないのなら、まだまだ身長を伸ばすことができる可能性が高いと理解しておきましょう。

いずれにしても、平均的な骨端線の閉鎖は、15〜16歳だと言われていますので、それまでにしっかり身長を伸ばしておくことが必要ですよ。

男子中学生が中学1年生で身長を伸ばすには成長ホルモンが重要!

中学生男子が中学1年生の1年間で身長を伸ばしたいのであれば、やはり成長ホルモンの分泌量を最大化することを目指しましょう。

成長ホルモンの分泌を増やす方法はふたつあり、ひとつは睡眠の質を向上させる方法、もうひとつは運動による成長ホルモンの分泌を促す方法。

まず成長ホルモンが最も大量に分泌されるタイミングは、睡眠直後の3時間なので、この3時間でどれだけ高い質で眠ることができるのかが非常に大切。

1回90分の睡眠サイクルの後半のノンレム睡眠でも、最も深い瞬間に成長ホルモンが大量に分泌されますので、かなり熟睡していることが基本です。

その2回の睡眠サイクルで、一晩で分泌されるほとんどの成長ホルモンが分泌されますので、このタイミングを逃さないこと。

その為にも、就寝前にはリラックスしていることが大切で、副交感神経を優位にするような生活習慣で過ごすことが大切。

寝る前にイライラしていたり、過度なストレス状態が続くと、副交感神経よりも交感神経が優位になり、睡眠中も脳がリラックス状態でいられなくなり、成長ホルモンの分泌量が減少します。

そういったことは、すでに科学的にも医学的にもわかっていることですので、交感神経を刺激しないようにしましょう。

中学1年生の時期なら、男子の場合10cm伸ばすことも可能!

男子中学生が中学1年生の1年間で平均的にどのくらい身長が伸びるかといえば、平成28年最新版の学校保健統計調査データによると、1年間で平均7.5cm。

でもこれは平均値なので、もう少し伸びる人もいれば、もっと伸びない人もいます。

私の周りでも中学1年生と中学2年生の1年間にそれぞれ10cmずつ身長が伸びた人もいますので、一気にこのタイミングで身長が伸びる人も。

同じ1年間で2.5cm、2年間で5cmも身長の高さが変わるわけですから、この時期にどのように過ごすのかは本当に大切ですよね。

少しでも身長を伸ばしたいと考えているのであれば、やはり男子でも睡眠時間の確保と睡眠の質の上昇、さらに成長に必要な栄養面のサポートが必要。

身長が伸びる際に必要な骨の骨端線はまだまだしっかり残っている時期ですので、骨端線の伸びを最大化することが最も重要なポイントです。

もしあなたが中学1年生の時期にしっかり身長が伸びなかったとしても、男子の場合は焦らなくても良い場合も。

まれに晩成型の人もいますので、ご両親の身長の伸びのピークが中学生だったか、それとも高校生だったのかを聞いてみてください。

晩成型の子供の場合は、中学生での身長の伸びよりも、高校生での身長の伸びの方がピークになることがほとんど。

とはいえ、晩成型でも標準型でもしっかりと中学1年生の時期に身長を伸ばすことができれば、それだけ最終身長も高くなりますので、その点は意識してくださいね。

中学1年生の身長を伸ばしたいなら、食事での栄養摂取が重要

中学1年生という時期は、男子と女子で身長の伸びに対する影響が異なるものの、身長の伸びを最大化することを目的に考えるべき。

骨の骨端線が残っている状態で、成長ホルモンの分泌もしっかり行われていれば、次に大切なのが食事で摂取している栄養成分。

実際に普段の食事でどのような栄養成分を摂取しているのか?ということの影響を強く受けますので、食事での栄養補給を意識すべき。

ただ最近の子供が好きなのが、インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品などの様々な加工食品や、ファーストフードやジャンクフードなどですが、これでは栄養補給に役立ちません。

これらの食品の多くが加工の過程で様々な栄養成分を消失し、それを合成成分などで補っていたり、リン酸塩などの成分が大量に含有されていることも。

リン酸塩の過剰摂取は、体内に吸収したカルシウムを排出する原因になりますし、高熱処理した食品には、トランス脂肪酸が含有されている場合もあります。

食事量はしっかり食べているものの、その質が悪いために成長に必要な栄養成分を摂取できない場合もありますので、中学1年生なら食事の質にも目を向けてあげましょう。

中学1年生の食事の基本的な考え方は、食材をスーパーで購入して自宅で調理したものをできるだけ食べさせること。

そして高タンパク質低脂肪の食事を意識しつつ、旬の食材を食べることで栄養バランスを整えて揚げることが大切です。

普段の食事で何を食べさせるのかは本当に大切なことですので、その重要性を意識しつつ食事の質を向上させてあげてくださいね。

中学1年生での身長の伸びを最大化する身長サプリメント!

男子も女子も中学1年生での身長の伸びを最大介したいのなら、普段の食事に合わせて身長サプリメントで栄養面のバランスを整えてあげることも大切かも。

この時期はどれだけしっかりと成長に必要な栄養成分を摂取できたのかで、子供の身長の伸びや成長に大きな影響が出ます。

特に成長期や思春期で、大人の身体に変化する1年だからこそ、しっかりと栄養面のサポートは考えてあげたい部分。

そんな時だからこそ、栄養豊富な身長サプリメントを活用することで、普段の食事で摂取しきれない栄養成分を摂取することも可能に。

これは実際にどんな身長サプリメントを選ぶのかで変わってきますが、成長に必要な栄養成分を豊富に含んでいるものを必ず選ぶようにしましょう。

その為に必要なことは、実際に摂取できる栄養成分をしっかりチェックして、身長サプリメントを購入すること。

中高生向けの身長サプリメントや成長応援飲料でも、実際には成長に必要な栄養成分を摂取できないものもありますので、何を選ぶのかが本当に大切です。

将来的に低身長で悩んだり、後悔しないためにも、中学1年生の身長の伸びを最大化する努力を怠らないようにしてくださいね。

中学1年生におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ!

では実際に中学1年生が、普段の食事に合わせて摂取すべき身長サプリメントがどれなのかといえば、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファ。

カラダアルファは、現在販売されている身長サプリメントの中でも、最もタンパク質を摂取できる商品のひとつ。

実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質なので、中学1年生に不足しがちな栄養成分をしっかり補うことができます。

なぜそこまで豊富なタンパク質を摂取できるのかといえば、原材料の4割がスーパーフードのスピルリナだから。

スピルリナは実際に摂取できる栄養成分の7割前後が植物性タンパク質で、残りの3割に50種類以上の栄養成分をバランス良く含有していることで、WHOも摂取を推奨しています。

さらにスピルリナの特徴として、栄養吸収率が95%以上なので、含有している栄養成分をしっかり体内に吸収し、成長に活用することができる特徴も。

だからこそ、身体の成長に大量の栄養成分が必要な中学1年生の時期にカラダアルファを活用すると、栄養バランスが整って、身長を伸ばしやすい状態に。

実際に摂取できる栄養成分が豊富だから、普段の食事で摂取しきれない分の栄養補給ができて、成長期の身長の伸びを最大化することができます。

本当に成長に役立つ身長サプリメントを探しているのなら、実際に摂取できる栄養成分を確認して、少しでも効果的なものを選んでくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!