成長期の子供の身長を効率的に伸ばす為には、身長サプリメントを活用するのがおすすめな理由があります。

実際に子供の成長は食事で変わるとも言われるほど、成長期の中高生が身長を伸ばすためにも、食事での栄養補給が大切。

身長サプリメントを選ぶ際に一番重要な観点と、意外と間違えがちな情報を解説しつつ、実際の効果を徹底比較します。

子供の身長を伸ばす要素のひとつが食事から摂取する栄養素!

子供の身長を伸ばしたいと考えているお母さんにぜひ見直してもらいたいのが、普段の食事でどのような栄養素を摂取できているのかということ。

特に成長期の子供は、身長を伸ばしたり、大人の身体に変化したりと様々な部分で大量の栄養成分が必要になり、栄養不足の状態になりがち。

子供の食事量が急激に増えたりしますので、それで子供の成長に気づく人も多いでしょう。

でも本当に大切なのは、成長期だけに限定して栄養摂取を行うことではありません。

成長期の子供は成長ホルモンの影響で、急激に身長が伸びることになりますが、成長期の前の子供は食事で摂取した栄養素が基本。

しかも成長期に伸びる身長の幅に限りがあるので、実際に栄養摂取を意識するのは幼少期の方が大切。

小学校中学年や高学年までの時期に、どこまで食事で成長に必要な栄養素を摂取させることができるのかを意識してあげましょう。

そうすることで、成長期に入った時の身長の伸びもスムーズになりますので、子供の体の中の身長が伸びる仕組みを活性化しておくことが重要。

では実際にどのようなものを子供に食べさせると、身長が伸びやすいのかを解説します。

子供の身長を伸ばすには、高タンパク質低脂肪の和食がおすすめ

子供の身長を伸ばすことは骨を伸ばすことですので、骨を伸ばすために必要な栄養成分を普段の食事で摂取できていなければ、効率的に身長を伸ばすことは出来ません。

実際に骨を伸ばすには、タンパク質を構成するアミノ酸が必要で、普段の食事でアミノ酸をしっかり摂取しておくことで、骨だけではなく、筋肉や臓器、血管や皮膚などの成長に役立ちます。

肉類には豊富な動物性タンパク質が含まれており、そのアミノ酸バランスや吸収率の高さが成長に役立ちますが、高脂肪・高カロリーの食材なので、偏って摂取するのはあまり賢くない方法。

脂肪分やカロリーがが高いので、肥満体型やぽっちゃり体型のきっかけになることも。

肥満体型やぽっちゃり体型は身長が伸びにくくなることや、早熟化傾向が高まることがわかっていますので、非常にまずい状態。

だから肉類だけではなく、魚介類や乳製品を組み合わせること、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質を組み合わせることで、より効率的に摂取していきましょう。

最近世界的に流行している和食には、一汁三菜という考え方があり、それがまさに成長期までの子供にはピッタリ。

焼き魚や納豆、生卵などに加えて、汁物やつけもの、野菜などをバランスよく摂取しつつ、摂取カロリーや脂肪分を抑制することができるので、非常に効果的。

おかずの品数が多くなることで、様々な栄養成分を摂取できたり、旬の食材を使用したおかずを食べることで、酵素なども効率的に摂取することができます。

子供の身長を伸ばすためには、タンパク質を中心に栄養バランスに優れた食事を摂取することが非常に大切ですので、できる範囲で良いのでぜひ実践してみてください。

日本人の食事でのタンパク質摂取量が激減している?

タンパク質が子供の身長を伸ばす際に、非常に大切な栄養素であることは、先ほどお伝えしたとおり。

だから本来は積極的に良質なタンパク質を普段の食事で摂取することが大切なのですが、ここ数年で急激に大切なタンパク質摂取量が激減しているという話が。

でも実際にどの位、タンパク質摂取量が減少しているのかなんて、考えたことないですよね?

むしろ洋食中心の食生活になっていたり、普段からお肉を食べる機会が増えていることで、タンパク質はしっかり摂取できていると思いがちですが、実は全く違うようです。

実際のタンパク質摂取量を比較してみると・・・

  • 1950年→68.0g
  • 1994年→79.7g
  • 2015年→69.1g

これが実際の1歳以上の日本人の平均タンパク質摂取量だそうです。

ここ20年で戦後間もないレベルまで、タンパク質の摂取量が激減していることが良くわかりますよね。

戦後50年で日本人の平均身長は、男子も女子も約10cmほども大きくなりました。

平均身長が伸びた背景には、食事での栄養摂取がしっかりできるようになったことと、それに合わせて成長に必要なタンパク質をしっかり摂取できたことが要因のひとつ。

でも、ここ20年ほど日本人の平均身長が伸び悩んでおり、それに比例するようにタンパク質の摂取量が激減しています。

普段の食事でしっかり摂取することができていると、思っている人も多いタンパク質でさえこの状態。

総摂取カロリーも実はピーク時の30%ほど減少していますので、日本人はどんどん食事で栄養素を摂取できない状態になっているんです。

だからこそ、普段の食事をしっかり意識して、栄養豊富なものを子供に食べさせることが大切。

食事で摂取しきれない栄養素は身長サプリメントで補給しよう。

大人でさえ、十分なタンパク質を摂取できていない現状ですので、魚や納豆をより食べない子供は、肉類でしかタンパク質を摂取できていないかも。

そうすると、アミノ酸のバランスも良くなくなりますし、タンパク質以外の栄養素の栄養バランスもどんどん悪化しがち。

子供の身長を伸ばすためには、成長に必要な栄養素を普段の食事で摂取することが大切なのに、実際にはそれができていない現状があります。

だからこそ、身長サプリメントのような商品を使って、普段の食事で補いきれな栄養素をしっかり摂取することが大切に。

実際に身長サプリメントを選ぶ際には、どんな栄養素をどれだけ摂取することができるのかということを基本の考えるのが良いでしょう。

先ほどもお伝えしたように、身長サプリメントとは、普段の食事で補いきれない栄養素を摂取するために活用するもの。

だから実際に摂取できる栄養成分が非常に大切。

このことを理解せずに、誤った身長サプリメントを選んで、子供の身長が伸びないと実感しているお母さんが多いのも事実です。

特定成分や何か特別な効果があるという商品が魅力的に見えることは分かりますが、そういった商品では、成長に必要な栄養素を摂取することは出来ません。

そのことをしっかり理解して、実際にどのような身長サプリメントを選べばよいのかをしっかり考えてください。

子供の成長に役立つ身長サプリメントはカラダアルファ!

では実際におすすめの身長サプリメントはどれかと言えば、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファ。

子供の成長に役立つ栄養素をしっかり摂取させたいのなら、カラダアルファ以外の身長サプリメントを選ばないことが基本。

そのくらいカラダアルファで実際に摂取できる栄養成分と、他の身長サプリメントで摂取できる栄養成分には大きな違いがあります。

では実際にカラダアルファでどのような栄養成分を摂取できるのか、100gあたりのカラダアルファの栄養成分表を紹介すると・・・

実際にカラダアルファで摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

なぜここまでカラダアルファは、植物性タンパク質をしっかり摂取することができるのかといえば、原材料の4割がスピルリナだから。

スピルリナとは、タンパク質以外にも50種類以上の栄養素をバランス良く含有し、その栄養吸収率は95%異常なので、WHOも推奨する栄養源。

スピルリナを含有している身長サプリメントは多いものの、カラダアルファほど原材料にしっかり配合している商品はありません。

カラダアルファ以外の身長サプリメントでは、実際に摂取できる栄養成分で最も多いものが、炭水化物というものばかりなので、子供の栄養補給には全く役立たない状態。

そんな商品が多いので、身長サプリメントを購入したものの、子供の身長が伸びないと悩んでいるお母さんが多いんです。

ちゃんと実際に摂取できる栄養成分を調べていれば、カラダアルファのような子供の成長に役立つ身長サプリメントを見つけることも可能に。

本当に大切なことですので、カラダアルファのように効果的な身長サプリメントを成長期の身長が伸びる時期に合わせて3〜6ヶ月ほど摂取させるようにしてください。

そうすることで、身長の伸びを最大化できますので、将来的な低身長のリスクを回避することができますよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!