子供の身長を伸ばすために必要な栄養素を、普段の食事でしっかり摂取して成長を促進しましょう。

成長期までの子供は、毎日の食事でどのような栄養素を摂取するのかが重要で、栄養不足で成長が阻害されることも。

実際に摂取すべき栄養素でも、特に子供の身長を伸ばす際に大切なものが何かのかを解説しますので、意識的に摂取するようにしましょう。

子供の身長を伸ばすために必要な栄養素を知って食事で摂取しよう!

子供の身長を伸ばす要素は、睡眠・運動・食事・遺伝とありますが、その中でも最も大切だと言われているのが、食事で摂取する栄養素。

高身長の人にアンケートを取ってみると、運動をしなかったり、夜更かしばかりしていた・・・という人は多いですが、幼少期から少食であまり食べていなかったという人はほとんどいません。

それもそのはず、人間は食事で栄養素を摂取しないと普段の活動も出来ませんし、身長を伸ばすことも出来ません。

普段の食事で摂取すべき栄養素を知っておくことで、より効率的に身長を伸ばすことができる可能性もありますし、身長の伸びが止まった子供も再び身長が伸びるようになることも。

特に中学生や高校生のように成長期になると、しっかり食事を食べているつもりでも、実は成長に必要な栄養不足の状態で、身長を伸ばせないという人もいるんです。

その状態が続くと、あっという間に成長期も終わってしまい、身長を伸ばすことができなくなりますので、この記事を読んで成長に必要な栄養素を理解しましょう。

子供の身長を伸ばすということは骨を伸ばすことなので、実際に骨の成長に必要な栄養素を先に紹介するとこの6つ。

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンD
  • ビタミンK

これらの栄養素を普段の食事でしっかり摂取することが、成長期までに身長を伸ばすことに繋がりますので、実際にどのような効果や作用があるのかを含め、詳しく解説します。

タンパク質は子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

タンパク質とは、人間の骨や筋肉、内臓や皮膚など様々な部分を構成する基本的な栄養素であるだけではなく、ホルモンの原材料としても使われている非常に大切なもの。

タンパク質を摂取することで、アミノ酸に分解されたり、アミノ酸が結合したペプチドとして吸収されることで、体の様々な部分を作るタンパク質に変化します。

実は人体を構成するアミノ酸は20種類程しかないと言われていますが、アミノ酸は結合方法次第で10万種類以上のタンパク質に形を変えることができる特徴が。

だからこそ、タンパク質を摂取することで、体の様々な部分の材料として活用することができます。

人間が生きていく上で必要なアミノ酸は全部で20種類、そのうち体内で合成できないので食事等で摂取すべきアミノ酸が9種類(必須アミノ酸)、合成できるアミノ酸が11種類(非必須アミノ酸)と呼んでいます。

タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質に分類される

タンパク質と言えば、肉類に豊富に含まれている動物性タンパク質が有名ですが、植物性タンパク質もあるので、組み合わせて摂取することが大切。

動物性タンパク質は、肉類・魚介類・乳製品・卵などに含まれており、植物性タンパク質は、大豆・小麦・米などに含まれています。

動物性タンパク質は必須アミノ酸を全て含んでおりその吸収率は97%ほどと高く、植物性タンパク質には一部不足していたり、吸収率が84%前後と低いことも。

しかし動物性タンパク質が高脂肪・高カロリーなのに対し、植物性タンパク質は低脂肪・低カロリーという特徴があるので、組み合わせてバランス良く摂取しましょう。

タンパク質の吸収率を高める組み合わせは、

  • タンパク質とビタミンC
  • タンパク質と亜鉛

これらをバランス良く摂取することで、体内への吸収率も高まりますし、身長を伸ばす際に役立つ効果も期待できますので、非常におすすめです。

タンパク質の推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、50〜60gを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

カルシウムは子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

カルシウムも骨を形成する上では、非常に大切な栄養素ですが、カルシウムは骨を伸ばす作用があるわけではなく、骨を強化する作用があります。

健康で丈夫な骨を形成するためにも、将来の骨粗しょう症のリスクを回避するためにも、幼少期からしっかりとカルシウムを摂取することが大切。

体内に吸収されたカルシウムの99%が骨や歯を形成し、残りの1%は血液を作るために使用されます。

しかし血液に使用するカルシウムが不足すると、骨の中のカルシウムが流出して補いますので、骨密度が低下し、弱い骨になってしまいがち。

カルシウムは骨の形成に必要な栄養素ですが、日本人は慢性的に不足傾向が強く、その理由がカルシウムの吸収率の低さ。

吸収率が高い牛乳でさえ、カルシウムの吸収率は60%前後だと言われていますので、吸収率を高める組み合わせで摂取することが大切。

カルシウムの吸収率を高める組み合わせは、

  • カルシウムとビタミンDとビタミンK

カルシウムは、ビタミンDとビタミンKなどの脂溶性のビタミン類と一緒に摂ると、その吸収率が高まることがわかっています。

カルシウムの推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、700〜1000mgを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

骨の強化に必要なカルシウムが慢性的に不足する理由がある

カルシウムは血液を作る分が不足することでも、どんどん骨から流出しますし、実は汗をかくことでも体外に流れ出てしまいますので、運動をしている子供は積極的に摂取すべき。

さらに塩分過多の食生活を送っていることで、子供の骨からどんどんカルシウムが流出してしまいますので、食事の味付けには注意が必要。

もうひとつ注意しなければならないのが、リン酸塩を豊富に含む食べ物を食べることで、これも骨の中のカルシウムが流出する原因になります。

リン酸塩がどのような食品に含まれているのかと言えば・・・

  • インスタント食品
  • 冷凍食品
  • レトルト食品
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • ジャンクフード

どれも子供の好きな濃い味付けもので、普段から食べる機会の多いものばかりですよね?

だからもしあなたがお子さんにこういったものばかり食べさせていると、健康で丈夫な骨を作ることが出来ず、将来的な骨粗しょう症のリスクも高めていると理解しましょう。

マグネシウムは子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

マグネシウムもカルシウム同様に、骨の強化に必要な栄養素で、マグネシウムとカルシウムを1対2の割合で摂取することで、吸収率が高まることがわかっています。

吸収率が低いカルシウムですが、過度なマグネシウム不足になると、カルシウムを吸収できずに排出してしまうので、マグネシウムもしっかり摂取する必要が。

マグネシウムの推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、210〜360mgを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

マグネシウムを豊富に含んでいる食材は、

  • 木綿豆腐
  • 牡蠣
  • アーモンド
  • ほうれん草
  • 納豆
  • わかめ

などがありますので、和食を中心にしたり、おやつにナッツ類を摂取することで、マグネシウム不足を予防・改善することができます。

亜鉛は子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

亜鉛が身長に関係のある栄養素だと知らない人が多いですが、亜鉛は成長ホルモンの合成や分泌に関わっていたり、タンパク質や遺伝子を作る酵素に含まれています。

亜鉛には、骨の成長を促進させる作用があることも論文で紹介されるほど、実は身長を伸ばすためには、必ず摂取すべき栄養素。

成長期に亜鉛不足になると・・・

  • タンパク質をアミノ酸に分解できない
  • 味覚に影響が出て食欲が低下
  • 免疫力が低下して健康が悪化
  • カルシウムの吸収率が低下して骨粗しょう症の原因に

成長だけではなく、健康にも大きな影響を与えてしまいますので、しっかり摂取するとが必要です。

亜鉛の推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、7〜10mgを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

亜鉛を豊富に含んでいる食材は、

  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • ごま
  • 牛肉
  • カシューナッツ
  • 干ししいたけ

などがありますので、おやつにナッツ類を摂取することで、亜鉛不足を予防できますが、カロリーが多いことに注意し、無塩タイプを選ぶようにしましょう。

ビタミンDは子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

ビタミンDはカルシウムの体内への吸収率を高め、骨への吸着を高めるために必要な栄養素で、ビタミンDが不足すると、くる病という骨格異常を発症する原因に。

ビタミンDは食材から摂取する方法以外にも、太陽の下で過ごすことで腸内で合成することができる栄養素。

だから、舞茸やしいたけなどのきのこ類を食べる際に、事前に日光に当てることで、ビタミンDの含有量を増やすことができます。

子供の場合も1日10〜20分太陽の下にいれば、必要量が合成できますので、外遊びをする子供の場合には、ビタミンDが不足することはあまりありません。

ビタミンDの推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、4.5〜6μgを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

ビタミンDを豊富に含んでいる食材は、

  • カワハギ
  • マス
  • うなぎ
  • きくらげ
  • 干ししいたけ

などがありますので、魚介類を中心に食べていればビタミンD不足になるリスクは低いですが、貝類や甲殻類にはほぼ含まれていませんので、魚が苦手ならきのこ類を食べるようにしましょう。

ビタミンKは子供の身長を伸ばすために必要な栄養素!

ビタミンKもビタミンD同様にカルシウムの吸収率や骨への吸着率を高める作用があることで、健康で丈夫な骨を作る際に役立ちます。

またビタミンKには、骨からカルシウムが流出するのを抑制する作用もあることで、骨粗しょう症の治療薬としての役目も。

ビタミンKもビタミンD同様に腸内で作り出すことができますが、腸内環境が悪化していたり、抗生物質などを飲んだ直後は産生力が低下していますので、注意しましょう。

ビタミンKの推奨摂取量は、男女共に成長期の10歳以上年齢では、120〜160μgを毎日摂取する必要がありますので、意識的に摂取するようにしましょう。

ビタミンKを豊富に含んでいる食材は、

  • ひきわり納豆
  • パセリ
  • シソの葉
  • モロヘイヤ
  • 明日葉
  • 春菊

などがありますので、葉物野菜をしっかり摂取する必要がありますが、腸内細菌が通常の状態なら、不足することはほとんど無いでしょう。

子供の身長を伸ばすには、タンパク質を中心に栄養バランスを考える

成長期までの子供には様々な栄養素が必要ですが、その中でも最も大切な栄養素がタンパク質です。

タンパク質をしっかり摂取することで、成長ホルモンを作り、骨の骨格部分を形成し、その結果として、骨が伸びて身長が伸びる。

だからその最も最初の部分であるタンパク質をしっかり摂取することが大切です。

特にここ20年ほどで、日本人のタンパク質摂取量が全体的に減少していることもわかっていますので、意識的に積極的に摂取することが基本。

そしてタンパク質以外にも様々な栄養素をバランス良く組み合わせることが、成長期までの子供の身長の伸びに非常に大きな影響を与えます。

ちなみに成長期が始まる前の子供の身長が伸びるのは、食事で食べた栄養素のおかげ。

だから幼稚園や小学校低学年の子供は、タンパク質を中心に栄養バランスを考えてあげた家庭料理をしっかり摂取させることが、成長の鍵だと理解しましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!