縄跳びが子供の身長を伸ばす方法や運動だと言われていますが、実際に効果的なのでしょうか。

縄跳びが与える骨端線に対する刺激は、効率的に身長を伸ばす力を増進させることができるのかを徹底検証。

骨端線と運動やスポーツの関係性が分かれば、どのような運動をすればよいのかがわかりますので、そのあたりを詳しく説明します。

縄跳びが身長を伸ばす運動だというのは間違っていない事実!

縄跳びをすることで、子供の身長を効率的に伸ばすことができるのかと言えば、これは縄跳びをくり返すことで得られる刺激が、骨の骨端線の軟骨部分に作用しますので効果的だといえます。

しかし縄跳びを行う際に、何跳びが良いのかとか、何度も繰り返せば身長が伸びやすくなるのかと言えば、それは全く別の話。

そもそも縄跳びが効果的なのは、縦方向の刺激に骨の伸びしろである骨端線が反応して、軟骨細胞での細胞分裂を活性化し、身長を伸ばす効果を増進するから。

しかしこの骨端線というのは、同じ刺激ばかりだと慣れてしまい、刺激として感じる事ができなくなる特徴があるので、縄跳びだけで身長を伸ばし続けようというのは大きな間違い。

この注意点を知らずに、外で縄跳びを繰り返したり、室内でエア縄跳びを行って身長が伸びたという人もいますが、実際には縄跳び以外の効果で身長が伸びています。

だから重要なことは、縄跳びだけをするのではなく、運動の一環として縄跳びも取り言えて、成長期の骨端線の細胞分裂を促進することが大切。

そのことを理解せずに、縄跳びばかりを繰り返していれば、間違いなく身長を伸ばすことができなくなりますので、十分に注意してください。

成長期の身長の伸びは、骨端線への刺激で効率があがる。

縄跳びをすることは、骨の骨端線に対して、縦方向の刺激を与える方法。

二重跳びでもあやとびでも、何跳びでも基本的には縦にジャンプするだけですよね?だから骨端線がその刺激に慣れてしまい、反応が鈍ることに。

そうなってしまって縄跳びを続けても、効率的に身長を伸ばす事はできません。

ただ何もしないよりは、縄跳びをして運動することはメリットがありますが、縄跳び以外の運動やスポーツを組み合わせて行なった方が効果的。

実際に骨の骨端線に効果的な動きとしては、ジャンプ・ダッシュ・急停止などなど様々な動きがあるほど、良いと言われています。

骨端線に対する刺激から考えられる身長が伸びやすいスポーツと言えば、バスケットボールやバレーボールでしょう。

これらのスポーツでは、瞬発力も持久力もジャンプ力も求められ、それが平均よりも優れていないと選手として大成することがありません。

だからそういったことも意識したトレーニングや練習を行っていますので、必然的に身長が伸びやすい環境が整っています。

さらに言えば、身長が伸びることで選手として注目されたり、レギュラーに選ばれますので、結果として、身長の高い選手が残っていく仕組みができあがっている状態。

だからプロバスケットボール選手やプロバレーボール選手には、身長の高い人が多い傾向があります。

ただ全員が身長が伸びるということもなく、バスケットボールならポイントガード、バレーボールならセッターなどには、比較的身長の低い選手も。

世の中にこのスポーツだけをやり続けていれば、子供の身長が確実に伸びるという方法はありませんので、その点は最初に理解しておくことが大切。

幼少期の縄跳びと外遊び、実際に身長を伸ばす効果が高いのは?

縄跳びと外遊びでは、どちらが子供の身長を伸ばす効果が高いのか?

外遊びと言えば、追いかけっこや鬼ごっこ、ドロケーなど様々な遊びがありますが、それと単純に縄跳びだけをやって過ごした子供なら、間違いなく外遊びの方が良いでしょう。

最初からお伝えしているように、骨の骨端線は同じ刺激だと慣れてしまいますので、様々な動きが加わる外遊びの方が、骨端線は刺激として実感します。

だから縄跳びにこだわる必要もありませんし、実際には激しい運動やスポーツが必要だということもありません。

身体を定期的に動かすこと、様々な動きを組み合わせることを意識してください。

これはあくまでも、骨の骨端線に対する刺激の部分の話です。

骨端線の細胞分裂を増進させるためには、栄養面のサポートも必要ですし、成長ホルモンの分泌量も必要。

そういった様々な要因が組み合わさって、子供の骨端線での細胞分裂が活性化されることで、骨が伸びて身長が伸びていきます。

そのことをしっかり意識した生活習慣で過ごすことが大切ですよ。

骨端線の細胞分裂を活性化するためにも、タンパク質を摂取しよう。

縄跳びで骨の骨端線に刺激を与えたとしても、骨端線の軟骨細胞部分を構成する材料がなければ、全く無意味で、効率的に身長を伸ばすことができません。

では実際にどのような栄養素が必要なのかといえば、タンパク質です。

タンパク質を構成するアミノ酸を原料に、体内でコラーゲンが産生され、それが骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格部分を形成することで、骨が伸びて身長が伸びることに。

そこにカルシウムなどのミネラル類が吸着されることで、丈夫で健康な骨に成長していきます。

だから真っ先に骨端線で必要になるコラーゲンを産生するために必要な、タンパク質をしっかり摂取することが大切。

タンパク質は肉類・魚介類・乳製品・大豆製品などに豊富に含まれていますので、縄跳びや運動に合わせてしっかり食事で摂取することが基本。

骨も原材料がなければ伸ばすことも、伸びることもありませんので、身長をしっかり伸ばしたいのであれば、タンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。

縄跳びや外遊びをしている子供なら、帰宅後にお腹が空いて食欲旺盛でしっかり食事も食べてくれるはず。

特に成長期前の子供は、食事で摂取した栄養素が豊富であることが、身長を伸ばすためにも、健康で過ごすためにも大切なことなので、何を食べさせるのかはしっかり考えてあげましょう。

縄跳びや外遊びの後は、しっかり休息させることも大切。

運動やスポーツをしたあとは、しっかり休息しないと、疲労感が残ったり、身長をうまく伸ばすことができません。

小さな子供の場合は、遊び疲れると電池が切れたおもちゃのように寝てしまいますが、それはそれで非常に大切なこと。

成長期までにしっかりと運動習慣や食習慣、睡眠習慣を身につけさせておくと、成長期もそのままの生活習慣で過ごす子供に成長します。

運動習慣が骨端線への刺激で、食習慣が栄養補給、睡眠習慣は休息と再生、それに成長ホルモンの分泌量を増やす効果が期待できる状態に。

これらのことが成長期の身長の伸びを最大化することにつながりますので、本当に大切です。

小学生なら9時間以上、中学生でも8〜9時間の睡眠時間が必要になりますので、最低でもそのくらいは眠ることが基本。

最近の子供は慢性的な睡眠不足ですので、縄跳びなどの運動をすることも大切ですが、睡眠時間を確保して、早熟傾向を和らげてあげることも大切。

いずれにしても、縄跳びだけを行っていれば、子供の身長を効率的に伸ばし続けることができるという誤解だけはしないようにしてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!