成長期の小学校高学年や中学生の子供の身長の伸び方には、かなり個人差があるのを知っていますか?

身長が伸びない人とか、周りの子供よりも伸び率が悪いかもと感じている人には、身長が伸びない理由があります。

成長期にしっかり身長を伸ばすためにも、男女ともに意識すべきことや、より効率的に伸ばすことができる方法を紹介します。

成長期の身長の伸び方には、個人差があることを理解しよう!

成長期になると身長が急激に伸びるという感覚で考えている人が多いですが、身長の伸び方にはかなり個人差があり、急激に伸びる人とあまり身長が伸びない人がいます。

実際に成長期の期間で男子の身長は平均20〜25cm、女子の身長は15〜20cmほど伸びるといわれていますが、中には30cm以上も伸びる人も。

これは成長期が到来するタイミングや、成長期の長さによる影響もありますし、年間にどのくらいの伸び率で身長を伸ばすことができるのかということも影響します。

中学生男子なら、年間10cmも伸ばすことができればかなり身長の伸びが良いことになりますが、中には、5cmほどしか伸びない人も。

晩成型の子供であればそれでも良いですが、早熟型で年間5cmだと将来的な身長の高さもあまり高くないことが予想されます。

成長期の身長の伸び方にはこのような違いがありますが、でも遺伝による影響だけではなく、普段からどのような生活習慣で過ごしているのか?ということの方が強い影響力を発揮。

実際に身長の高さに対する遺伝的影響は、わずか23〜25%ほどしかないということがわかっていますので、後天的な要素がどれだけ重要なのかがこのことからもわかります。

成長期が終わってしまえば、骨の骨端線が閉鎖してしまうので、二度と自然に身長を伸ばすことができません。

だからこそ、成長期の身長の伸びを最大化できるような生活習慣で過ごすことが非常に大切だということを理解して、これから紹介することを普段の生活でも実践するようにしましょう。

成長期や思春期の終わりには骨の骨端線が閉鎖して身長の伸びが止まる!

成長期や思春期に子供の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンがしっかり分泌されていることと、骨の骨端線が残っているから。

もしこのどちらかがしっかり機能しない状態だったり、成長に必要な栄養素が不足しているような状態では、成長期といえども子供の身長が伸びることはありません。

だから成長期や思春期の時期に、効率的に身長を伸ばすことができない人は、このどこかに異常があり、うまく身長を伸ばせない状態になっています。

そして成長期や思春期には終りがあり、それが骨の骨端線の閉鎖とともにやってくることを理解しておくべき。

一般的に男子は17〜18歳、女子は15〜16歳頃に骨端線が閉鎖するといわれており、骨端線が閉鎖したあとは、自然に身長を伸ばすことができなくなります。

さらに問題なのは、ここ数年は日本人の早熟化が進んでおり、成長期や思春期が早く始まり、この年齢まで残っていない子供が増えていること。

小学校高学年や中学生で骨端線が閉鎖してしまい、身長を効率的に伸ばすことができずに、将来的に低身長で悩んでしまう子供が増えています。

そうならないためにも、成長期や思春期をしっかり活用して、身長を伸ばすという考え方が非常に大切。

成長期に身長を伸ばすには、真っ先に睡眠習慣を見直すべき

成長期の身長が伸びにくい人に多いのが、慢性的な睡眠不足で、成長ホルモンがしっかり分泌されていなかったり、成長ホルモンの質が悪い人。

成長ホルモンが最も大量に分泌されるタイミングは、夜寝ているタイミング。

特に効率的に成長ホルモンを分泌できるのは、22時〜2時の間に3時間以上熟睡している状態。

しかし22時に寝る中学生なんてほとんどいませんよね?

塾や部活、テレビやスマホをいじっているなど、23時以降や日付が変わるまで起きているのが一般的ではないでしょうか?

そうすることで、最も効率的に成長ホルモンを分泌できる時間を逃し、さらに慢性的な睡眠不足になることで、性成熟が進行して成長期が早く終わってしまう。

慢性的な睡眠不足というのは、普段頭が冴えないとか、ボーっとする時間が長いとか、単に眠いというだけではなく、成長期をあっという間に終わらせてしまう可能性のある行為。

実は睡眠ホルモンのメラトニンには、性ホルモンの分泌を抑制する作用もあり、メラトニンをしっかり分泌できれば、性成熟の進行が遅くなり、骨端線が残っている時間が増えるんです。

だからしっかり睡眠時間を確保する必要がありますし、毎朝朝陽を浴びて体内時計をしっかりリセットすることが大切。

規則正しい生活習慣で、日々生活を続けていることが子供の性成熟の進行をゆっくりにしてくれますので、まずは睡眠習慣を変えることをおすすめします。

成長期に身長を伸ばすためにも良質なタンパク質をしっかり摂取しよう

成長ホルモンの次に、成長期の子供の身長を伸ばすために必要なのが、骨を伸ばすための栄養素。

日本人の中には、未だにカルシウムが骨を伸ばすと思っている人がいますが、カルシウムは骨の強化に役立つ栄養素。

骨を伸ばす効果があるのは、タンパク質を構成するアミノ酸。

そしてそのアミノ酸を原料に合成されるコラーゲンです。コラーゲンが骨端線の軟骨細胞部分で、骨の骨格部分を形成し、そこにカルシウムなどが付着して骨になるんです。

カルシウムよりも先に必要になるタンパク質をしっかり摂取することが大切。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質、大豆製品や豆類、ほうれん草などの植物性タンパク質がありますが、組み合わせて摂取することが基本。

タンパク質を組み合わせることで、その吸収率や体内での作用を高めつつ、カロリーや脂肪分を抑制することができます。

特に肉類ばかりでタンパク質を摂取していると、肥満体型やぽっちゃり体型の原因になり、身長を効率的に伸ばすことができない可能性も。

そういった意味でも、成長期には様々なタンパク質を組み合わせて摂取するようにしましょう。

またコラーゲンの生成時には、タンパク質だけではなく、ビタミンCなどの補酵素も必要なので、ビタミン類やミネラル類もバランス良く摂取すると、より効率的に身長を伸ばすことができます。

ただ小食だったり、好き嫌いが激しい場合には、成長期に必要な栄養素を普段の食事で摂取出来ないこともありますので、身長サプリメントを活用することもひとつの方法。

成長期に身長が伸びない人は、身長サプリメントがおすすめ!

成長期になると、普段の食事だけでは成長に必要な栄養素の全てを摂取することが難しくなります。

大人の場合は、普段の生活に必要な栄養素だけを摂取すればよいですが、成長期はそれに合わせて身体を作るための栄養素も必要。

そのすべてを普段の食事だけで摂取するのは、実はかなり現実的に難しい話。

ここ最近は食材に含まれている栄養素も減少し、日本人の摂取カロリーや摂取出来ている栄養素も減少しています。

だからこそ、成長期にしっかり身長を伸ばしたい人は、普段の食事+身長サプリメントという組み合わせが効果的。

その際にどんな商品を選ぶのかが最も大切ですが、食事で摂取できない栄養素を摂取することが目的になります。

だから実際に摂取できる栄養素が何なのか?どの位の量を摂取できるのかということを基準に身長サプリメントを選ぶようにしましょう。

この選び方をするのが、実は最も効果的な身長サプリメントを探す方法ですが、多くの人が特定成分にこだわりすぎて身長サプリメント選びを失敗しています。

成長期に必要なタンパク質を中心に、様々な栄養素をバランスよく摂取できるものを選べば間違いなし。

実際に私がおすすめしているのは、摂取できる栄養素の53.8%が植物性タンパク質のカラダアルファ。

原材料の4割が50種類以上の栄養素を含有し、栄養吸収率が95%以上といわれ、WHOも推奨するスピルリナですので、子供にも安心して飲ませることができます。

スピルリナ以外の原材料も天然由来成分ばかりですし、実際に製造しているのが製薬会社の工場という非常に高品質なところもおすすめ。

現在市販されているサプリメントで、製薬会社の工場で作られているもんは、3〜5%程しかありませんので、どれだけ安心できる商品なのかがこの点からもわかります。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!