小学生が身長を伸ばす方法の中でも、基本的なものと実際に効果的でベストなものに分けて紹介します。

子供の身長を少しでも高くしてあげたいと考えるのなら、より効果的に身長を伸ばす方法を選んで実践してあげることが大切。

成長期までしか子供の身長を伸ばすことができませんので、少しでも効率的に身長を伸ばせる方法を選んで実践してくださいね。

子供の身長を伸ばす要素や基本的な情報をまず理解しよう。

小学生の子供の身長を伸ばしたいと考えているのなら、どのようなことをきっかけに子供の身長が伸びるのかということを知っておくことも大切。

両親の身長が低い人は、遺伝的に子供の身長が高くならないのでは?と考えがちですが、身長に対する遺伝的要素は、僅か23〜25%程しかありませんので、十分に伸びる可能性があるということ。

残りの75%ほどは後天的要素をきっかけに、子供の最終身長に影響しますので、その部分をしっかり理解しておくべきでしょう。

では実際にどのような要素で子供の身長は伸びるのかといえば、睡眠・運動・食事・ストレスという4つの要素。

これらをバランス良く考えてあげることが、小学生での子供の身長を伸ばすことに繋がりますし、成長期の到来を遅くしたり、成長期の身長の伸びを最大化することにつながります。

これらのことが原因で身長の高さが変わることは、医学的にも証明されていることですので、少しでも身長を伸ばしやすい状態に改善していきましょう。

子供の成長はどんな環境を用意するのかで大きく変わりますので、これから紹介することをしっかり意識して、少しでも良い環境を整えてあげてくださいね。

小学生で身長を伸ばしたいのなら、睡眠時間の確保が必要です。

小学生だけではありませんが、子供の身長をしっかり伸ばしたいと考えるのなら、幼少期からの睡眠習慣が非常に大切。

睡眠習慣は子供の成長や身長に対して、特に強い影響を与えますので、どれだけしっかりとした睡眠習慣で過ごしているのかを意識してください。

まず睡眠時間を確保することは、子供の早熟化予防に役立ちますので、ここ最近の子供に増えている思春期早発症のような超早熟な状況になりにくくなります。

早熟傾向が強すぎると成長期の到来が早まり、その分だけ成長期が終わる時期が前倒しになることに。

成長期の終わりとは、子供の身長が伸びなくなるということですので、早く終われば終わるほど、低身長のリスクが高まりますので、できるだけ避けたいところ。

ただ日本人は、大人も子供も慢性的な睡眠不足の状態ですので、子供を大人の生活リズムに巻き込まないように注意してください。

さらに睡眠の質の確保も大切で、特に睡眠直後の3時間に熟睡させることが重要。

この3時間2回訪れる睡眠サイクルのノンレム睡眠の最も深い部分で成長ホルモンが分泌されますので、しっかり熟睡できるようにしてあげましょう。

特にこの睡眠の質の部分は、小学校中学年・高学年・中学生という時期の成長に非常に効果的に作用しますので、特に意識的に成長ホルモンの分泌量を増やしてください。

子供の睡眠習慣は幼少期からの積み上げが大切ですが、小学校の段階で改善したいのであれば、まずは早起きから始めることがおすすめです。

さらに昼間にしっかり身体を動かす癖をつけると、あっという間に熟睡していますので、その2点をしっかり押さえて改善してあげてくださいね。

小学生でも低学年の身長を伸ばすのは食事で摂取した栄養素

小学生でも低学年と高学年では、身長を伸ばすための方法が多少異なりますので、そういったことも理解しておくことが大切。

小学校低学年の子供の身長が伸びるのは、普段の食事でどれだけ豊富な栄養成分をしっかり摂取しているのか、ということの影響を強く受けます。

だからその為にも、食事内容をしっかり考えてあげることや、食事で摂取する栄養成分の質を考えてあげることも必要。

そして小学校低学年というタイミングでは、できるだけ食材を購入して、家庭で調理した料理を食べさせてあげることも大切なことです。

子供は濃い味付けのインスタント食品やレトルト食品、冷凍食品などを好むかもしれませんが、できるだけそういった食品は避けるようにしましょう。

食品や食材に含まれている栄養成分は、天然のものの方が栄養吸収率が高い傾向がありますので、食材からしっかり調理してあげることが大切。

小学校低学年までにどのようなものを食べさせているのかで、その子の食習慣や味覚なども大きく変わりますので、できるだけ手をかけてあげるようにしましょう。

ただ栄養豊富でも、脂質やカロリーばかりの食材を食べさせてしまうと、肥満体型やぽっちゃり体型のきっかけになり、身長が伸びにくくなるので注意が必要です。

最近は子供の肥満外来のガイドラインが制定されるなど、子供の生活習慣病なども問題になっていますので、そのあたりのことも意識するようにしてくださいね。

小学校中学年や高学年で身長を伸ばすのは成長ホルモン+骨端線の活性化

これは男子と女子で若干異なりますが、女子の場合は身長の伸びのピークは小学校中学年で、男子の場合は身長の伸びのピークは小学校高学年から始まる傾向があります。

ただピークは違っても、身長を伸ばすメカニズムは一緒ですので、この年齢で意識したいのは骨端線の細胞分裂の活性化。

そのためにも成長ホルモンの分泌量を少しでも増やすことが大切。

脳下垂体から分泌された成長ホルモンが肝臓に届き、そこでソマトメジンCを分泌して、ソマトメジンCが骨端線に届くことで、軟骨細胞の細胞分裂が活性化されます。

骨端線の軟骨細胞部分では、骨の破壊と再生が常に繰り返されており、再生が破壊を上回った時だけ骨が伸びて身長が伸びることに。

だからこそ、成長ホルモンをしっかり分泌して、少しでも骨端線の細胞分裂を活性化させることが大切なんです。

ただ成長ホルモン以外にも、骨端線にとって良い刺激になり、細胞分裂を活性化させる方法があり、それが運動による刺激。

ジャンプなどの特定の動きではなく、ジャンプ・ダッシュ・急に止まるなどの様々な刺激が加わることで、骨端線にとっては良い刺激になり、細胞分裂が活性化されます。

縄跳びのような一定のリズムで行われる動きは、骨端線がその刺激に慣れてしまいますので、細胞分裂を活性化し続ける効果はありませんので、注意してくださいね。

成長ホルモンも骨端線もタンパク質の摂取が大切なポイント

小学生でしっかり身長を伸ばすには、成長ホルモン+骨端線の細胞分裂の活性化が基本ですが、このふたつにとって必要な栄養成分がタンパク質。

タンパク質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分類されますが、必ず食事で摂取しなければ、子供の成長に悪影響を及ぼすもの。

特に必須アミノ酸が不足すると、身長が伸びないだけではなく、健康にも悪影響が出てしまいますので、必ず普段の食事で摂取したいところ。

成長ホルモンの分泌や合成に関するアミノ酸といえばアルギニンですし、骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格になるのはアミノ酸から合成されたコラーゲン。

だからこそ、良質なタンパク質を摂取して、アミノ酸のバランスを整えておくことが非常に大切です。

それだけ重要なタンパク質ですが、ここ最近は日本人の平均摂取量がどんどん減少していることもわかっている成分ですので、しっかり補給するようにしましょう。

そうすることで栄養面のサポートを行っておくと、成長に必要な栄養成分が不足して身長が伸び悩んしまうというリスクを回避できます。

小学校高学年から中学生、高校生と成長期が進むにつれて、必要になるタンパク質の推奨摂取量はどんどん増えていきますので、普段の食事で意識して摂取してくださいね。

ただタンパク質が必要だからと、脂肪分やカロリーばかりの肉類を食べてしまうと肥満体型やぽっちゃり体型のきっかけになることもあるので、何を食べるのかは注意したいところ。

大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質もうまく組み合わせて、摂取カロリーや脂肪分も抑えつつ、良質なタンパク質を摂取しましょう。

小学生に必要な栄養成分は食事でしっかり摂取しよう。

小学生の成長にタンパク質が必要だという話をしましたが、小学生の成長には2種類の栄養成分が必要なのも理解しておきたところ。

それが普段の生活のために必要な栄養成分と、身体の成長のために必要な栄養成分です。

だから小学校高学年になる頃には、大人よりも大量の栄養成分を普段の食事でしっかり摂取できていないと、身体の成長に必要な栄養成分が不足することに。

基本的に生活のために必要な栄養成分が優先して使われますので、普段の食事で十分な栄養成分を摂取できていないと、その分だけ不足しやすい状態になってしまいます。

しかし最近の小学生は、朝ごはんを食べなかったり、ダイエットに励んでみたり、自分で摂取する栄養成分を抑制している傾向も。

その結果、栄養不足で身長が伸び悩んでしまう人も増えていますので、しっかり1日3食は食べることが基本。

1日3食食べても、食材に含まれいる栄養成分が減少していたり、食べている食材の質が悪かったりと、栄養不足になりやすいんです。

そういったことをしっかり理解して、少しでも成長に必要な栄養成分をバランスよく摂取するようにしましょう。

小学生が身長を伸ばすベストな方法は身長サプリメントの活用かも

小学生でも高学年になると生活習慣をなかなか改善してくれなかったり、反抗期に入っている子供がいたりするなど、なかなか思い通りになってくれませんよね。

そんな年齢だから、できるだけお母さん側でできることで、家事の負担等があまり増えすぎないものが良いと思います。

そこでおすすめしたいのが、普段の食事+身長サプリメントという考え方で、成長に必要な栄養成分をしっかり補ってあげる方法。

小学生から中学生、高校生と成長期が進むにつれて、摂取すべき栄養成分の種類も量も増えていきますが、なかなか普段の食事だけではその全てを補うことができません。

身長をしっかり伸ばすという意味では、成長期の前半部分の小学生の段階で、どこまで大きく成長させてあげられるのかが大切。

だからこそ、成長に必要になる栄養成分をしっかり補って、身体の中にある身長を伸ばす仕組みをしっかり作用させるべきなんです。

その為に身長サプリメントを活用し、栄養バランスの改善と成長に必要なタンパク質をしっかり摂取すること。

そうすることで、栄養面が問題になって身長が伸び悩んだり、止まったりすることもなく、より効果的に身長を伸ばすことができるようになります。

特にここ最近は、食材に含まれている栄養成分も減少していますし、様々な加工食品などが増えていますので、天然成分を主体にした身長サプリメントを加えることも考えてみましょう。

そうすることで、家事の手間を増やさずに子供の成長に役立つ環境に改善できますので、非常におすすめですよ。

小学校高学年におすすめの身長サプリメントはカラダアルファ

小学校高学年でしっかり身長を伸ばしたいと考えているのなら、身長サプリメントのカラダアルファがおすすめかも。

カラダアルファは実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

タンパク質の中でも特に不足がちな植物性タンパク質を豊富に含み、その栄養吸収率も考えられた原材料を厳選。

カラダアルファの原材料の4割が天然成分のスピルリナで、スピルリナの栄養吸収率は95%以上なので、含有しているタンパク質をしっかり吸収できます。

さらにタンパク質以外にも、スピルリナには50種類以上の栄養成分が含有されていますので、それらをしっかり摂取することが可能。

だからこそ、普段の食事で不足しがちな栄養成分をしっかり摂取することができると話題の商品。

カラダアルファにはタンパク質以外にも、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミン類など骨の成長に必要な栄養成分がしっかり含有されています。

実際に摂取できる栄養成分や、その含有量をチェックすると、カラダアルファ以上に栄養豊富な身長サプリメントはないでは?と個人的に感じている状況。

錠剤タイプなので、お腹がいっぱいでも簡単に飲むことができるのも嬉しいポイント。

様々な身長サプリメントがありますが、小学生でしっかり身長を伸ばしたいのなら、普段の食事+カラダアルファという組み合わせを実践してみてください。

その際に3〜6ヶ月は飲み続けることが重要ですので、1ヶ月飲んで効果なしという軽率な判断をせずに、飲み続けることで体内の栄養バランスを整えて行きましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!