最近の小学生の傾向として、高学年の時期に身長が急激に伸びる子供が増えているのを知っていますか。

小学校高学年で成長期が到来していることは、実は子供の身長を伸ばしたいと考えているのなら、あまり好ましくない状態。

子供の身長が伸びたと喜びすぎずに、その状態がどういう意味なのかということを冷静に考えることも大切かもしれません。

小学校高学年で身長が急激の伸びるのは成長期だから。

子供の身長の伸びを考えると、人生で2回ほど急激に伸びる時期があります。

一度目は生後半年から1年のタイミングで1.5倍ほども身長が高くなり、二度目が成長期の前半部分に訪れる3年間。

この2回のタイミングで身長をしっかり伸ばすことも大切ですが、その2回目の時期が早すぎることは、少し問題かもしれません。

成長期の到来が早いということは、それだけ早く成長期が終わってしまうということですので、実は身長を伸ばすことができる期間が短くなります。

成長期に突入する前年では、5〜6cmほども毎年身長が伸びている状態ですので、その1年が消えることが、最終身長に非常に強い影響を与えることもわかるでしょう。

実際に日本人は早熟傾向が強いことで、アメリカ人よりも平均身長が低い状態ですので、その意味を理解してください。

一般的に日本人はアメリカ人よりも、1年〜1年半も成長期の到来が早く、それが身長の伸びに関して非常に問題になっています。

最近の子供は小学校高学年どころか中学年に成長期が始まっている?

これはかなり衝撃的な話ですが、早熟傾向が強い日本人でも、ここ最近の子供に関していえば、どんどん早熟傾向が強くなっています。

実際にいつのタイミングで最も身長が伸びているのかを確認すると、平成27年のデータでは男子が小学5年生から中学1年生、女子が小学3年生から小学5年生。

小学校高学年どころか、女子の場合は小学校中学年の段階で、身長の伸びのピークを迎え、その後、どんどん伸びが鈍化して身長が止まることに。

小学校を卒業した女子の平均身長は、わずか6.1cmしか伸びないことがわかっていますので、どれだけ小学校高学年で伸ばしてあげるのかが大切なことなのかわかると思います。

なぜ子供の早熟傾向がここまで強くなってしまったのか?

これはここ最近の子育てや子供を取り巻く環境の変化が原因で、どんどん子供のが伸びにくい状態に変化していることの影響を強く受けてしまっているから。

だから身長が急激に伸びる時期がくることは喜ばしいことですが、実際には早熟傾向を弱める方法を知っておくことも大切です。

小学校高学年で成長期のピークを迎えないようにする方法とは?

すでに小学校高学年になって身長の急激な伸びが始まっているのなら、非常に難しいことですが、まだまだ中学年や低学年の状態なら間に合うこと。

子供の早熟化は幼少期からの生活習慣の影響を受け、その中でも特に睡眠習慣がどうなのかということが非常に大切です。

どのような睡眠習慣で子供の早熟化を予防できるかといえば、規則正しい睡眠習慣で毎日しっかり睡眠時間を確保すること。

幼少期からの慢性的な睡眠不足の状態は、子供の早熟化傾向を強め、思春期や成長期の到来を早めてしまう原因に。

最近は思春期早発症という病気に注目が集まるほど、日本人の早熟傾向が強まり、本当に残念な状態になっています。

そもそも女の子の場合、小学3年生で身長の伸びのピークが始まるなんて、子供の身長について事前に情報を集めていない人だと、全く知らない話ではないでしょうか。

知らないどころか、身長が伸び始めたと喜んでしまい、このままずっと伸び続けると誤解してしまうかも。

最近の子供は本当に慢性的な睡眠不足の状態で、実は日本人は先進国でも最も短眠な民族のひとつですので、それが凄く問題です。

世界的な睡眠事情に関する調査でわかったことですが、日本人とニュージーランド人の睡眠時間を比較すると、3歳児の段階で日本は毎日100分も短いことがわかっています。

この100分という時間の積み重ねが、日本人の性ホルモンの分泌量を増やし、早熟傾向を強めて最終身長の高さに悪影響を与えます。

だからもしまだお子様が小さい状態なら、毎日の睡眠時間をしっかり確保してあげることから、早熟傾向を弱めてあげるようにしましょう。

小学校高学年になっている場合は、身長の伸びの効率を考えるべき!

小学校入学前からしっかりとした睡眠習慣を身に着けていればよいのですが、最近の子供は親の生活習慣の影響を強く受けることもあり、どちらかといえば睡眠不足の状態。

だからすでに成長期が到来していたり、小学校高学年になっている場合にはどうすればよいのかということも知っておくべき。

すでに成長期が到来しているのなら、その間に伸ばす身長の効率化を考えてあげるべきでしょう。

子供の身長が伸びるのは、骨端線に成長ホルモンが作用して、骨端線の軟骨細胞での細胞分裂を活性化させるから。

だから小学校高学年での成長ホルモンの分泌量を増やすことが、最も効率的に身長を伸ばしてあげる方法のひとつ。

成長ホルモンの分泌量を増やすにも、睡眠習慣が非常に大切で、ここで意識すべきなのは入眠直後の3時間の睡眠の質をどれだけ確保できるのかということ。

最近の研究でわかったことは、この3時間に2回繰り返される睡眠サイクルで、ひと晩に分泌される成長ホルモンのほとんどが分泌されるということです。

だから少しでも質の高い睡眠を確保することが大切で、その為には寝る前の段階でどれだけリラックス状態でいられるのかが大切。

リラックス状態とは副交感神経が優位になっている状態のことで、副交感神経が優位になると成長ホルモンの分泌を抑制しません。

逆に興奮状態や高ストレス状態など、交感神経が優位になっていると睡眠が浅くなり、成長ホルモンの分泌量を抑制してしまう結果に。

成長ホルモンの分泌量を増やすことが、小学校高学年以降の身長の伸びを最大化する大切な要因ですので、しっかり意識してあげましょう。

運動時に分泌される成長ホルモンも意識的に活用しよう!

成長ホルモンの分泌量のほとんどは、睡眠時に分泌されるものですが、運動時にも微量の成長ホルモンが分泌されることがわかっています。

この運動時に分泌される成長ホルモンを活用することも、成長期の成長ホルモンの全体的な分泌量を増やすためにも必要なこと。

運動開始後15分を経過した頃から成長ホルモンの分泌が始まり、運動終了後3時間程度までその状態が続きます。

これは運動の激しさの影響を強く受けるわけではありませんので、適度な運動でも十分ですが、分泌量が少ないので、頻度を高めることが大切。

微量でも何度も分泌されれば、全体的な成長ホルモンの分泌量のかさ上げに役立ちますので、成長期や思春期のタイミングでは、定期的に体を動かすことが必要です。

体を動かすことは、成長ホルモンの分泌だけではなく、骨の骨端線に対しては直接刺激になりますので、その刺激を活用して骨端線の細胞分裂を活性化させることも大切。

成長ホルモン+骨端線という組み合わせが、身長の伸びを効率化しますので、しっかり意識して行きましょう。

激しい運動は必要ありませんが、骨端線への刺激も考えるなら、ジャンプやダッシュ、急に止まるなど、様々な動きをすることを意識してください。

小学校高学年なら、鬼ごっこや追いかけっこ、ドロケイなんかでも良いと思いますので、外遊びの頻度を意識的に増やしていきましょう。

思春期や成長期の身長の伸びはアミノ酸の影響を強く受ける

さらに骨端線の細胞分裂を効果的に活用するためにも、様々なアミノ酸をバランス良く摂取することが大切。

アミノ酸は単体で摂取するよりも、アミノ酸の集合体であるタンパク質を摂取した方が効率的。

肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品やナッツ類、野菜類などの植物性タンパク質を組み合わせるのが良いでしょう。

アミノ酸をバランス良く摂取すれば、それを原料にして骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格部分が形成され、そこにカルシウムなどが吸着することで、骨が伸びて身長が伸びることに。

だから真っ先に必要になるコラーゲン(タンパク質)を、しっかり体内に摂取しておくことが大切です。

しかしここ最近の日本人は、身長の伸びに欠かせないタンパク質摂取量が激減しており、その影響を受けて身長が伸び悩んでいる状態。

その変化を実際の数値で紹介すると、

  • 1950年:68.0g
  • 1994年:79.7g
  • 2015年:69.1g

このタンパク質摂取量の推移状況にあわせて日本人の平均身長が変化しており、直近の20年間は日本人の平均身長が伸び悩んでいる状態。

そして戦後50年で日本人の早熟傾向が強まり、それが成長期や思春期が小学校高学年でくる要因になっているんです。

そういった状況だから、少しでも成長期の到来を遅くすること、すでに成長期や思春期が到来しているのなら、そこでの身長の伸びを最大化することが必要だということ。

2017年最新版、小学校高学年の身長データを紹介します。

小学校高学年が最も身長が伸びる時期だという話をしましたが、本当にこの時期をどう過ごすのか?どれだけ成長期の到来を遅くすることができるのかは非常に大切なこと。

そこで実際に小学校高学年の身長の伸びを、平成27年の学校保健統計調査のデータから紹介します。

平成27年 学校保健統計調査の男子の身長データは?

  • 8歳男子(小学校3年生):128.1cm(5.4cm)
  • 9歳男子(小学校4年生):133.5cm(5.4cm)
  • 10歳男子(小学校5年生):138.9cm(6.3cm)
  • 11歳男子(小学校6年生):145.2cm(7,4cm)
  • 12歳男子(中学校1年生):152.6cm(7.2cm)

平成27年 学校保健統計調査の女子の身長データは?

  • 8歳女子(小学校3年生):127.3cm(6.1cm)
  • 9歳女子(小学校4年生):133.4cm(6.7cm)
  • 10歳女子(小学校5年生) :140.1cm(6.6cm)
  • 11歳女子(小学校6年生):146.7cm(5.1cm)
  • 12歳女子(中学校1年生) :151.8cm(3.1cm)

小学校高学年中学年から高学年にかけて、どのように変化するのかということがなんとなくイメージできたと思います。

これが平成27年のデータですので、最近の子供がどれだけ早熟傾向が強いのか?小学校高学年で身長を伸ばせないと最終身長にどんな影響が出るのかもわかったと思います。

子供の身長は成長期が終わってしまえば、自然に伸びることはありませんので、それまでの期間でどこまでしっかり伸ばしてあげることができるのかが非常に大切。

身長が急激に伸び始めたと喜ぶのではなく、成長期の時期がいつなのか?それによって子供の最終身長がどうなりそうなのかということもしっかり考えてあげましょう。

小学校高学年以降の身長の伸びには、身長サプリメントが必要かも。

小学校高学年以降の身長伸びは、かなり限られていることもあり、この間にどれだけ効率的に身長を伸ばすことができるのか?ということも非常に大切なこと。

普段の食事で成長に必要な栄養成分をしっかり補給できていればよいのですが、現実問題として考えた時に、なかなか難しいのが実際の話。

なぜ最近の子供が食事だけで成長に必要な栄養成分を摂取できないかといえば、

  • インスタント食品
  • レトルト食品
  • 冷凍食品
  • 様々な加工食品

これらの食材や食品は調理の手間もなく、誰でも簡単に美味しい料理を作ることができるので、普段から活用している家庭も多いですよね?

これらの食品は、調理の過程で様々な栄養成分が消失し、それを合成成分で補っているものも多いんです。

合成成分は摂取量の割に吸収率も低く、実際に体内に摂取した際の作用も明確になっていません。

そういった点を踏まえても、成長に役立つ栄養成分を摂取しにくいですし、野菜や食材自体に含有されている栄養成分も激減しています。

だから多くの子供が、実は普段の食事だけでは成長に必要な栄養成分をしっかり摂取することができていませんので、それを身長サプリメント等で補ってあげることも大切。

そういった視点で考えることが、成長期が早く来てしまった子供や、成長期や思春期での身長の伸びに悩んでいる子供にピッタリなんです。

小学校高学年以降におすすめな身長サプリメントはカラダアルファ

実際に子供にどんな身長サプリメントを摂取させるべきなのかといえば、やはり実際に摂取できる栄養成分で考えるべき。

身長サプリメントの役目は、普段の食事で摂取できない栄養成分を補ってあげるものなので、実際に栄養補給ができるものでないと意味がありません。

さらに身長を伸ばすという意味では、成長期に必要な栄養成分であるタンパク質を中心に様々な栄養成分をバランス良く摂取できるもの。

そういった視点で身長サプリメントを比較すると、小学校高学年ならカラダアルファがおすすめな商品だということがわかります。

カラダアルファは実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質。

タンパク質の中でも、植物性タンパク質は小学校高学年や中学生に不足しがちな栄養成分ですので、アミノ酸のバランスを整えてあげる意味でも大切です。

さらにカラダアルファは原材料の4割がスピルリナなので、タンパク質以外にも50種類以上の栄養成分をバランス良く含有し、その栄養吸収率が95%以上とまさに成長期の子供にピッタリ。

タンパク質以外にも、カルシウムやマグネシウム、亜鉛やビタミン類など骨の成長に必要な栄養成分もしっかり摂取できますので、本当におすすめ。

ここまでしっかり栄養成分を摂取できる身長サプリメントは、カラダアルファ以外にありませんので、本当に良いと思いますよ。

子供の身長が伸びるのは、成長期や思春期が終わるまでの限られた期間ですので、その間にどこまでしっかり伸ばしてあげることができるのか?

そのことを真剣に考えてあげましょう。

それとカラダアルファのよう身長サプリメントは、最低でも3〜6ヶ月ほど飲み続けることが必要ですので、すぐに効果がないと飲み止めるのが一番もったいないですよ。

栄養面のサポートは、身長を伸ばすだけではなく、健康や美容にも役立ちますので、しばらくは飲み続けてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!