女子の場合は男子と異なり、中学生が身長を伸ばせる最後の時期だということを知っていますか。

高校生までの中学生の3年間で、どこまで身長を伸ばすことができるのかということが、最終身長の高さにとって非常に大事なことなんです。

実際に平均身長の最新版のデータも紹介しつつ、女子中学生の時期がどれだけ大事なのかを徹底検証します。

女子中学生で身長が伸びないと、高校生では伸ばすのが難しい。

中学生が成長期というのは、一般的に考えると男子のことで、女子の場合は中学生の時期が身長が伸びる最後のタイミング。

だからこの時期に身長をしっかり伸ばすことができなければ、将来的にも低身長で悩むことになりますので、しっかり考えることが大切です。

子供の身長が伸びるためには、骨の骨端線が閉鎖せずに残っていることが大切ですが、実は女子の骨端線の閉鎖は、平均的には15〜16歳の時期。

骨端線の閉鎖は身長が伸びないことを意味していますので、身体の仕組みから考えても、女子中学生の3年間をどう過ごすのかは非常に大切なこと。

まずはその点を理解することから始めましょう。

そうすることで、少しでも真剣に身長を伸ばそうと思えますし、実際に身長の伸びに良い効果を与える行動を続けることができるかも。

では実際にどの程度の身長が伸びるのかを紹介します。

女子中学生以降の身長の伸びを最新版のデータから徹底検証

今回紹介する平均身長のデータは、平成27年の学校保健統計調査の平均身長の推移データ。

この最新版のデータをチェックすることで、最近の子供の身長の伸びの傾向や限界がどこにあるのかを知ることができます。

  • 12歳女子(中学校1年生) :151.8cm(3.1cm)
  • 13歳女子(中学校2年生):154.9cm(1.6cm)
  • 14歳女子(中学校3年生) :156.5cm(0.6cm)
  • 15歳女子(高校1年生) :157.1cm(0.5cm)
  • 16歳女子(高校2年生) :157.6cm(0.3cm)
  • 17歳女子(高校3年生):157.9cm

このデータから分かることは、女子の場合は中学生以降の6年間でわずか6.1cmしか平均身長が伸びていないということ。

さらにその半分にあたる3.1cmが伸びているのが、中学1年生のタイミングで、どんどん伸び幅が減少しているという事実。

先ほども紹介したように、骨端線の閉鎖が15〜16歳と言われていますので、学年が上がる毎に身長の伸びが鈍化していることがわかると思います。

これが女子中学生を取り巻く現状ですので、少しでも早い段階で身長の伸びを効率化することが望ましいというのが、よくわかるでしょう。

女子の身長の伸びのピークの時期を知ると女子中学生が最後だと理解できる

先ほどの学校保健統計調査のデータでは、中学生以降の女子の身長の伸びを紹介しましたが、実は女子の成長期のピークが凄く早くなっているんです。

これも実際のデータを踏まえて紹介すると、女の子の身長が最も伸びる3年間を紹介すると、小学3年生から小学5年生のタイミング。

その時期に身長の伸びのピークが来ていますので、中学生の時期は女子にとって、最後のおまけのようなものだということもわかるでしょう。

一般的に女子は初潮や生理が始まると身長が6センチほどしか伸びないと言われていますが、今の女子の平均的な初潮年齢は12歳の前半です。

女子中学生での身長の伸びと照らし合わせても、ほぼ同じ状態になっていることがわかるでしょう。

本当のことをいえば、女子中学生でどうやって伸ばすのか?ということを考えるよりも、小学生の段階でしっかり身長を伸ばしてあげることが大切です。

それを先延ばししてしまったり、気づかないうちにピークを逃してしまったりすると、女子中学生になって身長を伸ばそうと焦ることになってしまいます。

最近の早熟傾向の強まりが、小学3年生という非常に早い時期に成長期に突入する状況を招いていますので、その点は意識的に注意することが必要かも。

早熟傾向の強まりは、日本人全体の傾向ですので、普通に子育てをしていると、身長をしっかり伸ばすことができにくい状態になっていることを理解しましょう。

女子中学生の身長が伸び悩む原因が骨端線の状態の変化。

女子の場合、成長期の後半にあたる女子中学生という時期ですが、なぜそこで身長が伸び悩むのかといえば、最初にも説明したように骨端線の状態が変化するから。

小学生で身長の伸びのピークを迎える女子ですが、その身長の伸びが鈍化するのは、骨端線がどんどん閉鎖方向に進んでいるからです。

骨端線の状態を左右するのが、性ホルモンの分泌量の変化。

女性ホルモンのエストロゲンが分泌されると、骨の骨年齢が上昇し、骨端線が徐々に閉鎖するように狭くなり始めます。

そして骨端線が一定の年齢まで上昇すると、骨端線が閉鎖して二度と復活もせずに、身長を伸ばすことができなくなることに。

それを予防するには、骨端線が閉鎖しないように性ホルモンの分泌量を抑制すること。

性ホルモンの分泌量を抑制できる方法のひとつがメラトニンの分泌量を増やすこと、実はメラトニンには、性ホルモンの分泌抑制作用があります。

だからメラトニンをしっかり分泌できると、性ホルモンの分泌量を抑制することができて、骨端線の閉鎖に対する進行速度を遅くできる場合も。

成長期の進行を抑制することは、身長を伸ばすことができる期間を伸ばすことですので、それだけ女子中学生での身長の伸びを効率化できる可能性が高まるということ。

その為にも規則正しい睡眠習慣で過ごし、少しでも睡眠時間を確保することが大切です。

また起床後に朝陽を浴びるような生活習慣で過ごしていると、体内時計をリセットすることができ、その15時間後にメラトニンが分泌され、よりスムーズな入眠を得ることも可能。

メラトニンの作用を活用することで、性ホルモンの分泌量を調整することも、女子中学生にとっては大切なことですよ。

女子中学生にオススメの長身法は成長ホルモンを意識した睡眠習慣

女子中学生でも1年生なら、まだ平均3.1cmほど身長が伸びる状態ですので、そこで身長の伸びを最大化するためにも、成長ホルモンの分泌量は大切。

成長ホルモンの分泌量が多いのは睡眠時なので、どのようにしっかり分泌できる睡眠方法を実践するのかを意識しましょう。

とはいえ、そこまで難しいことはなく、睡眠の質を意識した生活習慣で過ごすことが基本。

特に注意すべきなのは、入眠直後の3時間をどれだけしっかり熟睡できるのかということで、その為にもちょっとした工夫が必要です。

睡眠の質を高め、熟睡するためにはリラックス状態で寝ることが大切で、副交感神経が優位になるようなことを睡眠前に実践しましょう。

逆に交感神経が優位になる状態で寝てしまうと、睡眠も脳が覚醒してしまったり、不安やストレスがあることで、熟睡できない状態になりますので注意が必要です。

副交感神経を優位にするには、40度以下のぬるま湯にしっかり浸かったり、好きな音楽や読書をしたり、ストレッチをしたり・・・様々なことが効果的。

生活習慣を改善するのは、大変かもしれませんが、リラックス状態で眠ることは、疲労回復にも役立ちますし、成長ホルモンには脂肪燃焼効果もあるのでダイエット効果を実感できるかも。

成長ホルモンの分泌量を増やす睡眠習慣を繰り返し実践することで、中学1年生での身長の伸びを効率化することを優先して考えてくださいね。

女子中学生が身長を伸ばすためにも成長に必要な栄養素を食事で摂取しよう!

女子中学生の時期に大切なことは、骨端線が残っているタイミングで、しっかり成長ホルモンを分泌することですが、成長ホルモンが分泌されても、骨を伸ばす原材料がなければ無意味。

骨を伸ばす為には、骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格を形成するタンパク質をしっかり摂取することが大切。

体内に吸収される過程でタンパク質はアミノ酸に分解され、アミノ酸を原料にコラーゲンが合成されます。

このコラーゲンが骨端線の軟骨細胞部分で骨の骨格部分を形成することで、骨が伸びて身長が伸びることに。

普段の食事でしっかりタンパク質を摂取することが必要ですが、実はここ最近は日本人のタンパク質摂取量が全体的に低下している状態。

それに女子中学生といえば、体型や美容面が気になり、ダイエットをしている人も増えてくる時期。

特にタンパク質といえば、肉類に豊富にふくまれていることもあり、女子中学生の中には、肉類を食べないようにしている子供も。

その結果、体内のアミノ酸のバランスが悪くなり、身長を伸ばしにくい状態になっていることも。

最近の子供には、成長に必要な栄養素が不足しいることで、効率的に身長を伸ばすことができない人もいますので、そのあたりもしっかり考えてあげましょう。

成長期が終われば身長を伸ばす事はできませんので、女子中学生が栄養不足で身長が伸びないのは本当にもったいないはないですよね。

普段の食事でタンパク質を摂取できないのなら、身長サプリメントも活用する

普段の食事でタンパク質摂取量が不足しているのであれば、身長サプリメントのようなものを活用してでも栄養バランスを整えてあげることが大切。

最近は子供の身長が伸び悩んでいることもあり、様々な種類の身長サプリメントが販売されていますが、ここで大切なことは成長に必要な栄養成分を摂取できるものを選ぶこと。

それ以外の身長サプリメントを選んでも、実際に身長を伸ばす効果がないことは、実はすでに科学的に証明されています。

その点を理解した上で、成長期の女子中学生に必要なタンパク質を中心に様々な栄養成分をバランス良く摂取できるものを選びましょう。

ダイエットを行なっていたり、体型を気にしている子供には、そういった方法で栄養面のサポートを行なってあげることが大切です。

イメージするべき部分は、普段の食事+身長サプリメントで成長に必要な栄養成分をバランス良く摂取できるようにすること。

そうすることで、実際に子供の身長の伸び方が変わってくるはずですので、栄養面のサポートを行なってあげることも意識してくださいね。

ちなみにタンパク質をしっかり摂取できる身長サプリメントでも、天然成分を原材料にしているものを選ぶことが、栄養成分をしっかり吸収するためにも必要です。

合成成分と天然成分では、栄養吸収率も大きく異なりますし、摂取したあとの体内での作用も異なりますので、その部分をしっかり意識した商品選びを行いましょう。

女子中学生なら身長サプリメントのカラダアルファがおすすめかも。

では実際にどんな身長サプリメントを選ぶのがおすすめなのかといえば、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファが良いと思います。

カラダアルファは天然成分のスピルリナを原材料の4割も含有していますので、豊富な栄養成分を摂取することが出来る商品。

実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質で、他にもカルシウムやマグネシウム、亜鉛など骨の成長に必要な栄養成分が豊富。

さらにスピルリナの含有している50種類以上の栄養成分も摂取できますし、スピルリナの栄養吸収率は驚異の95%以上ですので、含有している栄養成分をしっかり吸収できます。

だからこそ、栄養不足で身長が伸び悩んでいる女子中学生にとって、栄養面のサポートを行なってくれますし、不足しがちな植物性タンパク質を豊富に含有している部分もおすすめの理由。

実際に様々な身長サプリメントで摂取できる栄養成分をチェックしていますが、カラダアルファ以上に豊富なタンパク質を中心として豊富な栄養成分を摂取できる商品はありません。

そういったことを踏まえても、女子中学生が身長をしっかり伸ばしたいのなら、カラダアルファを活用することをおすすめします。

身長サプリメントの効果は、実際に摂取できる栄養成分で決まるということを忘れないで下さいね。

身長サプリメントは3〜6ヶ月飲み続けることで効果を発揮するもの。

身長サプリメントのおすすめ商品に合わせて、おすすめの飲み方を紹介するとすれば、それは実際にどの程度の期間、飲み続けるのかということ。

身長サプリメントは医薬品ではありませんので、即効性があったり、飲み始めることですぐに変化や効果を実感できるものではありません。

カラダアルファは栄養面のサポートを行う商品ですので、そういった視点で考えると、やはりある程度の期間は飲み続けることが必要です。

1ヶ月飲んで身長が伸びないから、身長サプリメントには効果がないと考えるお母さんもいますが、実はそれが一番もったいない飲み方。

実際の効果を実感できるまでには多少の時間が必要ですので、最低でも3〜6ヶ月は飲み続けてください。

カラダアルファのような総合栄養バランス型の身長サプリメントは、栄養面のサポートが期待できますので、健康面や美容面でもメリットが。

特に運動を行なっていたり、部活を行っているような子供には、効果的に作用しますので、そういった部分も踏まえて、活用するようにしましょう。

女子の場合は、中学生以降の身長の伸びは本当に期待できませんので、しっかりと中学生の時期に身長を伸ばしてあげることが大切ですので、その点を忘れないようにしてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!