個人差があると言われていますが、一般的に子供の身長は、何歳まで伸ばすことができる可能性があるのか知っていますか?

成長期や思春期の到来の時期が異なるので、実は男性と女性では何歳まで身長を伸ばすことができるのかが違います。

今時の日本人の平均身長のデータを元に、子供の身長が何歳まで伸びる可能性があるのかを解説しますので、参考にしてください。

何歳まで身長を伸ばすことができるのかは骨端線の状態次第。

子供の身長を何歳まで伸ばすことができるのか?と考えた際に、最も大切なことは骨の骨端線の状態がどうなっているのかということ。

この骨の骨端線とは、子供の骨の両端にある軟骨細胞部分で、この部分で細胞分裂が繰り返されることで、骨が伸びて身長が伸びることに繋がります。

そして骨端線は、年齢とともに徐々に幅が狭くなり、いずれ閉鎖してしまいますので、そのタイミングが来た時には、骨が伸びることが出来ずに身長の伸びが止まるというわけ。

だから骨端線の有無が、身長が伸びる伸びしろがあるかどうかということを意味しており、そこでの細胞分裂の活性化が、効率的に身長を伸ばすことに繋がります。

骨端線の閉鎖は成長期の終了を意味しており、その段階で大人の身体への成長が終わったと理解しましょう。

もしあなたのお子様の骨端線が閉鎖しているのなら、何歳でも身長を伸ばすことができませんので、そうなる前にしっかり身長が伸びる方法を実践すべきです。

では一般的に骨端線の閉鎖が何歳で起こるのかについて、次の項目で紹介しますね。

骨端線の閉鎖は男性と女性で時期が異なり、個人差もあることが多い

平均的に骨の骨端線の閉鎖が起こるのは、男性は17〜18歳、女性は15〜16歳だと言われていますので、男子高校生や女子中学生が身長を伸ばす最後のタイミングかも。

稀にこの年齢以上を過ぎても骨端線の閉鎖が起こらずに、20歳以上になっても身長が伸び続ける人もいますが、男性は25歳、女性は23歳頃までに完全に閉鎖すると言われています。

芸能人でいえば、石川梨華さんや新垣結衣さんなどは、20歳を過ぎてもまだまだ身長が伸びたと話題ですが、一定の割合でそういった人がいるのも事実。

ただ平均的なことを考えれば、ほとんどの人が先ほど紹介した年齢を過ぎると、骨端線が閉鎖して、体内にある身長を伸ばす仕組みが機能しなくなります。

骨端線の閉鎖が起こる時期に個人差がある理由のひとつに、幼少期からの生活習慣の影響による早熟化があり、成長期の到来の時期の違いが非常に大きな問題。

男性と女性を比較すると、女性の方が成長期や思春期の到来が早い傾向があるので、骨端線の閉鎖も早く、思春期の終わりも早くなることに。

それと同じように男性の中でも早熟傾向が強ければ、それだけ成長期の到来が早くなり、終わる時期も早まってしまいます。

基本的には、成長期の長さは大きく変わりませんので、早熟傾向が強いか、晩成型なのかによって、骨端線が閉鎖する時期が異なると理解しておけばよいでしょう。

そういう意味では、少しでも晩成型の生活習慣で過ごすことが、骨端線の閉鎖を遅くして、身長を伸ばす期間を伸ばせることに繋がります。

今時の日本人の平均身長と身長の伸びのピークを徹底検証。

あなたは今時の日本人の平均身長がどの程度なのか知っていますか?

現在の日本人の平均身長は、男性は171cm程度、女性は158cm程度ですので、普通に成長できれば、このあたりの身長までは伸びるはず。

でもこの平均身長は戦後50年で男性も女性も10cmほど伸びたのにも関わらず、ここ20年ほどは停滞していますので、身長の高さに悩みを抱える子供が増えているのかもしれません。

日本人の平均身長が、現在の数値であることの理由のひとつが成長期の到来が早く、欧米人と比較すると、5〜6cmも低い状況になっていますので、早熟化は大きな問題。

そんな日本人の早熟化傾向は、ここ数年さらに強まっていますので、一般的な子育てを続けていると、どんどん子供の身長が伸びにくい状態になっているということを理解しましょう。

最近の子供の身長の伸びのピークがどこまで早くなってしまっているのか、実際の平均身長のデータを参考に紹介します。

今回紹介するデータは、平成27年度の学校保健調査のデータ。

このデータを参考に、今時の子供の平均身長が最も伸びている3年間を紹介すると、男子は小学5年生から中学1年生、女子は小学3年生から小学5年生。

あなたの考えている子供の身長の伸びのピークよりも、かなり前倒しになっていると思いませんか?

中学生や高校生が成長期のピークだというのは昭和初期の話で、平成になってからはどんどん早熟化傾向が強まり、子供の身長が伸びにくくなっています。

この事をしっかり理解していないと、身長が伸びない時期になってから焦ることになりますので、最近の子供たちにどれだけ早熟化が進行しているのかをしっかり理解しましょう。

何歳まで伸びるかも大切ですが、効率的に身長を伸ばすのも大切なこと。

子供の身長が何歳まで伸びるのか?と思って調べている人の多くが、すでに成長期の後半に差し掛かっていたり、身長が止まっている状態かもしれません。

だからこそ、何歳まで身長を伸ばすことができるのかと、残された時間を確認しようとしているのかもしれませんが、一番簡単なことは成長期のピークにしっかり身長を伸ばすこと。

子供の身長の高さは、遺伝的要素が大きな要因だと考えている人が多いですが、実は身長の高さに対する遺伝の割合は、わずか23〜25%程しかありません。

残りの75%以上が遺伝的要素以外の理由で、子供の身長の高さに大きな影響を与えていますので、そこに注力することも大切。

実際に子供の身長の高さに与える要因は、睡眠・運動・食事・ストレスだと言われており、幼少期からの生活習慣が非常に重要です。

身長を伸ばしにくい生活習慣で過ごしている子供は、早熟化が早まり、あっという間に成長期が終了して、身長の伸びが止まってしまいますので、それだけは避けたいところ。

では実際にどのような生活習慣で過ごすことが、子供の身長をしっかり伸ばしてくれるのか、子育てで意識すべきことを紹介します。

ちょっとしたことでも、何年も何十年もかけて子供の成長を抑制する要因になりますので、本当に気をつけてくださいね。

成長期の到来時期は、幼少期からの性ホルモンの分泌量で決まる。

まず最初に理解すべきことは、成長期の到来する時期には個人差がかなりあり、それは幼少期からの性ホルモンの分泌量が一定になった時に始まるということ。

だから早熟傾向が強い子供ほど、成長期の到来が早く、その分だけ性ホルモンが大量に分泌されているということを理解しましょう。

中には、思春期早発症のような子供もいますので、そういった子供の場合は、医療機関でしっかり治療を受けることで、身長の伸びを改善することもできます。

上記のような疾患等がない子供で、思春期や成長期の到来が早い子供の場合、幾つかの原因が理由かも。

子供の早熟化傾向が強まる一番の理由は、幼少期からの慢性的な睡眠不足で、睡眠時間が短ければ短いほど、子供の早熟化が進行します。

最近の日本では核家族化に共働き、シングルファーザーやシングルマザーなど、子供が夜更かし型の生活習慣で過ごす要因が溢れていますよね?

特に早熟傾向が強い子供は、幼少期から慢性的な睡眠不足の状態が続いていますが、日本人全体で見ても、その傾向が強く出ています。

先進国の3歳児の睡眠時間を調査したデータでは、最も長いニュージーランド人と比較すると、日本人は毎日100分も短い結果に。

欧米ではどんなに小さな子供も、寝る時は自分の部屋で1人で寝ますが、日本では親が寝かしつけることが一般的になっていますので、それも子供の睡眠不足の原因のひとつ。

忙しい親の手が空いてからでないと、寝かしつけができないので、それを待っている間にどんどん睡眠時間が削られてしまうんです。

そういったこともすでに明確になっていますが、日本人の子育てでは寝かしつけが一般的ですし、最近の住宅事情を考えると、子供部屋をひとりずつ確保するのも難しいかも。

本当に悩ましいことかもしれませんが、こういったことの積み重ねが、子供の早熟化の要因です。

成長期に身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量がポイント!

早熟化でも晩成型でも、標準型でもどんなタイプの子供にも、成長期と呼ばれる身長が急激に伸びる時期が訪れます。

成長期のタイミングで子供の身長が伸びるのは、骨の骨端線に成長ホルモンが作用することで、骨端線の軟骨細胞の細胞分裂を活性化するから。

だからこそ、成長期を通してどれだけ大量の成長ホルモンを分泌することが出来たのかが非常に大切で、その為にも少しでも成長ホルモンの分泌量を増やす方法を実践すべき。

成長ホルモンの分泌量を増やす方法には2つあり、睡眠の質の向上と運動習慣があること。

睡眠の質の向上が成長ホルモンの分泌量を最大化する

まず睡眠の質ですが、特に意識したいのは睡眠直後の3時間で、どれだけ深い睡眠状態になることができるのかという点。

人間の1回の睡眠サイクルは約90分でその後半部分に訪れるノンレム睡眠でも、最も深い状態の時に大量の成長ホルモンが分泌されます。

そしてその2回のサイクルで、ひと晩のうちに分泌されるほとんどの成長ホルモンが分泌されますので、そのタイミングで熟睡できることが重要。

だからこそ、質の高い睡眠を確保することが必要で、その確保を行うためにもリラックスした状態で、ベッドや布団に入ることが基本です。

寝る前に明るい光を浴びたり、賑やかな場所にいたり、スマホやタブレットのブルーライトを浴びたり・・・どれも交感神経を刺激し、リラックス状態とは真逆になりますので、避けるようにしましょう。

寝る前には、ぬるま湯に浸かったり、音楽を聞いたり、読書をしたり、ストレッチをしたりなど、少しでも副交感神経が優位な状態になるようにすることが大切です。

そういった状態で寝ることで、より質の高い睡眠を確保することができますので、しっかりと意識しましょう。

定期的な運動習慣で成長ホルモンが分泌される

睡眠時に合わせて、成長ホルモンが分泌されるタイミングというのが運動を行うこと。

運動することで、運動開始後15分後〜運動終了後3時間程度まで成長ホルモンが分泌されますが、この時の分泌量は微量です。

だから大量に分泌される睡眠時とは異なりますが、微量の成長ホルモンでも積み重ねることで、成長ホルモンの分泌量を少しでも増やすことが大切。

そういった意味でも、普段から身体をできるだけ動かすようにする運動習慣を身につけるようにしましょう。

そうすることで、少しでも成長ホルモンの分泌量を増やすことができれば、成長期の後半でも身長を伸ばすことができる可能性が高まりますので、非常に大切なことです。

成長期後半で身長を伸ばすには、成長に必要な栄養成分をしっかり摂取しよう

成長期の後半で身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌量+成長に必要な栄養成分をしっかり摂取することが大切。

身長を伸ばしたり、身体を成長させるためには、普段の食事でどれだけ大量のタンパク質を摂取できるのかということが非常に大切。

タンパク質を構成するアミノ酸をどれだけ豊富にバランス良く摂取できるのかということは、身体の成長や身長の高さに直結する非常に大切な要素。

実はアミノ酸を材料に体内ではコラーゲンが合成され、コラーゲンが骨の骨端線で骨の骨格部分を形成する最初の材料に使用されることで、骨が伸びて身長が伸びることに。

だからこそ、タンパク質をしっかり摂取して、少しでも体内のコラーゲン量を増やしておくことは、成長期の骨の成長に非常に大切です。

またアミノ酸は骨だけではなく、筋肉や臓器、皮膚や血管、ホルモンの材料に使用されるなど、本当に様々な部分で活用されていますので、身長を伸ばすためにはやはり重要なこと。

タンパク質には肉類や魚介類、卵や乳製品などの動物性タンパク質と大豆製品やナッツ類、野菜類から摂取できる植物性タンパク質がありますので、しっかり組み合わせて摂取しましょう。

そうすることで、アミノ酸のバランスを整えつつ、脂肪分やカロリーなどの余計なものを摂取し過ぎないで済みますので、非常に大切なことです。

またタンパク質を摂取する際にも、できるだけ材料を購入してきて自宅で調理することで、食材に含まれている栄養成分をしっかり摂取できるようにしましょう。

インスタント食品やレトルト食品などは手軽で美味しいという特徴がありますが、調理の過程で様々な栄養成分が消失していますので、子供の成長に必要な栄養成分が不足しています。

本当に大切なことなので、その点をしっかり理解して、少しでも栄養バランスを整えてあげるようにしてくださいね。

成長期の最後で身長を伸ばすなら、身長サプリメントも大切かも。

成長期後半は残された時間で、どこまでしっかり身長を伸ばすことができるのか?ということが非常に大切になります。

だからこそ、身長の伸びを最大化するために、栄養面だけでもしっかり強化しておきたいところ。

その為には普段の食事だけでは摂取しきれない栄養成分を、身長サプリメントを活用してでもしっかり摂取することが大切です。

実は多くの子供が成長に必要な栄養成分が不足していることで、成長期なのに身長を十分に伸ばすことができていません。

そしてその栄養不足の状態のまま成長期の終りを迎えてしまうことで、最終的に低身長で悩むことに。

その状態を栄養面から改善する方法が、不足する栄養成分を栄養豊富な身長サプリメントで補ってあげるという考え方。

普段の食事+身長サプリメントという組み合わせで、栄養面のサポートを行なってあげると、成長期に不足しがちな栄養成分をしっかり摂取できることに。

実際に購入すべき身長サプリメントは、タンパク質を中心に様々な栄養成分をバランス良く摂取できるもの。

その点をしっかりチェックして、商品選びを行なってあげると、成長期の後半でもより効率的に身長を伸ばすことができるでしょう。

成長期が終わってしまえば、もう二度と身長を伸ばすことができませんので、男子高校生や女子中学生の時期の栄養補給に、身長サプリメントを活用することも考えてあげてください。

栄養不足で身長を伸ばすことができないのは、本当にもったいないことですので、しっかりと栄養バランスを意識した商品選びを行なうようにしましょう。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!