何歳からセノビックを子供に飲ますべきだと思いますか、セノビックの対象年齢からわかる効果とは?

実際にセノビックの公式サイトには、対象年齢の記載や何歳から飲ますことが問題がないなど、明確に記載されているのでしょうか。

ロート製薬が販売していることで、気になるセノビックを購入検討中の人の参考になるような情報をまとめて紹介します。

セノビックの公式サイトでは何歳から?対象年齢は記載されているのか?

セノビックはロート製薬が製造・販売する成長期応援飲料で、非常に人気の商品ですでに1000万袋もの販売実績があるのだとか。

特に幼稚園児や小学校低学年の子供が飲んでいるイメージの強いセノビックですが、ロート製薬の公式サイトには、対象年齢は書かれているのでしょうか?

個人的に気になって、様々なページを探したり、対象年齢に対する記載を探しましたが、明確な対象年齢の記載や、何歳からなら安心して飲めるのかという記述はありません。

でも実際にセノビックの公式サイトには、園児もというフレーズがあったり、4歳の子供が登場している口コミもありますので、このあたりの年齢が下限のような気がします。

一般的に園児とは3歳以上の子供のことを指していますし、4歳の子供の口コミがあることからも考えると、4歳以上なら大丈夫と考えても良いでしょう。

たたセノビック同様に成長期応援であるアスミールの場合には、食品なので1歳以上で可能で中には、離乳食に使用している人もいるようなので、そういった考え方もありかもしれません。

ただより安心できる対象年齢とすれば、やはり幼稚園に入園する年齢をひとつの目安に考えてあげるとよいでしょう。

セノビックは何歳頃飲むことを前提に作られている成長期応援飲料か?

セノビックの対象年齢を考える際に、一般的な成長期応援や成長期応援飲料が何歳頃飲むのを前提に作られているのか?

摂取できる栄養素などから考えると、6〜7歳前後の子供を対象にしていることが分かります。

ちなみに6〜7歳と12〜14歳では成長に必要な栄養素がは、1.5〜2倍ほども違いますので、成長期応援飲料という名称ですが、成長期の子供の場合、セノビックだけでは不十分。

成長に必要な栄養素を十分に摂取することが出来ずに、栄養不足だと言われてもおかしくない状態。

この点を理解せずに、小学校高学年や中学生、高校生になってもセノビックを飲んでいても、成長に必要な栄養素を摂取できたり、身長を伸ばすことができると思うのは大きな間違いです。

どんなに効果的だと言われる商品でも、対象年齢を誤ってしまうと効果を実感できないこともありますし、摂取量を増やすことで副作用などのリスクが上昇することも。

そういった意味では、小学校低学年くらいまでの栄養摂取に役立つものだと、セノビックの対象年齢を考えておいた方がよいでしょう。

セノビックで子供の身長に効果的な成分や栄養素は摂取できるのか?

成長期応援飲料でも最も販売実績があるセノビック、他の成長応援飲料や身長サプリメントと比較すると、どのような違いがあるのか。

まずセノビックは、栄養機能食品(カルシウム・鉄分・ビタミンD)ということで、普段の食事で不足しがちな栄養素を補う効果が期待できます。

さらにセノビックに含まれているボーンペップには、骨を伸ばす作用があり、特に足の骨を伸ばす効果が高いと言われていますので、これも子供の身長には効果的。

基本的には、このふたつのポイントと、牛乳に混ぜて飲むタイプであることで、牛乳に含まれる栄養素をしっかり摂取できることもセノビックのメリット。

セノビックを混ぜることで、牛乳嫌いの子供でも牛乳を飲むことができるようになったという報告も多く、これらの相乗効果で子供の身長が伸びる効果があると期待されています。

セノビックの特徴から考える実際の身長への効果とは?

セノビックは栄養機能食品であること、さらにボーンペップを含有している商品であることで、子供の身長を伸ばす効果が高いという話をしました。

でも本当にそうなのでしょうか?

ここでは専門家の意見や実際の臨床結果などを踏まえて、栄養機能食品とボーンペップの効果について徹底検証します。

まずセノビックが栄養機能食品である点に関しては、これは2013年の日本小児内分泌学会の公式見解を参考に見解をお伝えすると、

カルシウム・鉄・ビタミンDの栄養機能食品では、極度な栄養失調状態でない限り、子供の身長を伸ばす効果は期待できず、過剰摂取による副作用のリスクの危険性の方が高い。

という趣旨の内容がありますが、確かにカルシウムは骨の強化に役立つもので、ビタミンDはその吸収率を高めるもの。

鉄分に関しては、赤血球を作る際に必要になる材料なので、それぞれの成分の作用を考えると、効率的に身長を伸ばしてくれる成分ではないということがわかります。

続いて、ボーンペップに関しては、現時点でボーンペップの効果が確認されているのは、マウスに対する実験のみで、人間に対する効果を確認できていないこと。

さらに実験では、体重1kgに対して100mgを摂取させ、その摂取量が増えるほど、ボーンペップの効果が高まることがわかっています。

しかしセノビックのボーンペップ摂取量は1日100mgですので、これでは絶対量が不足している状況ですので、この点からも子供の足の骨が効率的に伸びるとは考えにくい状態。

このように総合的に考えてみると、セノビックの特徴では、子供の身長を効率的に伸ばすことが出来ない可能性が高いということが言えます。

セノビックで実際に摂取できる栄養素から考える効果とは?

とはいえ、栄養機能食品ですし、すでに1000万袋もの販売実績がある商品で、ロート製薬が作っているのだから、効果がない訳がないと考える人もいらっしゃるでしょう。

そこで実際にセノビックで摂取できる栄養素の種類と量を知ることで、セノビックの真実の効果を徹底検証したいと思います。

セノビックのような成長期応援飲料や身長サプリメントの基本的な選び方は、実際にどのような栄養素を摂取できるのか?という部分をチェックすること。

その点をしっかりチェックすることで、セノビックに期待できる効果が浮き彫りになります。

では実際にどれだけの栄養素を摂取できるのか?

セノビック(ミルクココア味)で実際に摂取できる栄養成分の85%は炭水化物。

炭水化物とは、白米やうどん、ラーメンやパスタなどを食べているのと全く変わらない状態ですので、それで身長を効率的に伸ばせるわけはありません。

しかもセノビックの炭水化物摂取量は、全体の85%と成長応援飲料の中でも最も多い商品。実は抹茶ミルク味は、90%が炭水化物という状態。

これで子供の身長を効率的に伸ばす栄養素も摂取できないことがわかったと思います。

だから何歳からとか、何歳までとか?対象年齢は・・・という考え方が実は凄く間違っており、セノビックで子供の身長を伸ばそうとしてはいけないということ。

これが実際にセノビックで摂取できる栄養成分を徹底検証してわかること。

だからセノビックを実際に購入し、栄養成分表をミロと比較したりすると、多くのお母さんがほぼ変わらないというひどい現実を目の当たりにし、驚かれます。

ロート製薬だから、成長期応援飲料だから、ボーンペップがあるから・・・どれも間違った認識ですので、セノビックのような成長応援飲料は購入しないのが一番ではないでしょうか?

本当に効果的な身長サプリメントや成長応援飲料を選ぶのなら、実際にどのような栄養素をどれだけ摂取できるのか?この点を必ずチェックしてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!