低身長で悩んでいる子供に対して、身長サプリメントは本当に効果的な製品なのでしょうか。

医学的な低身長で治療が必要な場合には、身長サプリメントよりも専門医の診察を優先すべきですがそうではない場合は?

気になる身長サプリメントをチェックする際に、一番重要なポイントが何なのかを徹底検証します。

医学的な低身長治療の現場では身長サプリメントは効果なし。

低身長で悩んでいる子供にも、健康上の問題がない人と、そうではなく医学的にも低身長だと認められている子供がいます。

医学的な低身長の定義には、成長曲線からどの程度離れているのか?ということが参考になり、標準偏差よりも−2SD以上も離れている場合を指します。

もしくは小学校低学年の年間の身長伸び幅が、4cm以下なら一度病院での診察がおすすめ。

これは同性の同級生の子供100人に対して、2〜3人が当てはまる状態なので、そこまで多くないですが、低身長治療は非常に高額な治療費のかかるもの。

男の子の年齢別−2SDの身長を紹介!

  • 4歳男の子:92.5cm
  • 5歳男の子:98.1cm
  • 6歳男の子:103.8cm
  • 7歳男の子:109.4cm
  • 8歳男の子:114.7cm
  • 9歳男の子:119.7cm
  • 10歳男の子:124.6cm
  • 11歳男の子:129.0cm
  • 12歳男の子:133.9cm
  • 13歳男の子:140.7cm

女の子の年齢別−2SDの身長を紹介!

  • 4歳女の子:91.9cm
  • 5歳女の子:97.7cm
  • 6歳女の子:103.4cm
  • 7歳女の子:108.8cm
  • 8歳女の子:113.8cm
  • 9歳女の子:118.7cm
  • 10歳女の子:123.9cm
  • 11歳女の子:130.3cm
  • 12歳女の子:137.0cm
  • 13歳女の子:142.2cm

最近は一部助成金などが出ることもありますが、家族の負担も本人の努力も必要になります。

しかし、医学的な低身長の子供でも、早い段階で低身長治療を受け始めると、平均身長までは成長する可能性が高いことがわかっており、諦める必要はありません。

そういった子供は、身長サプリメントではなく、成長ホルモン製剤の直接投与などの治療が必要なので、専門の医療機関を受診しましょう。

ちなみに子供の低身長治療を行っている医師団体には、日本小児内分泌学会というものがあり、そこが効果なしの身長サプリメントの定義を公開していますので紹介します。

日本小児内分泌学会が考える効果なしの身長サプリメントと嘘とは?

2013年に日本小児内分泌学会が公式サイト上で、身長サプリメントに対する正式見解を公開し、その中で効果なしの身長サプリメントの定義を公開。

この情報を知っているだけでも、子供用の身長サプリメントを選ぶ際に、絶対に選ぶべきではない商品がわかりますので、ぜひ読んでおいてください。

もしかしたらあなたがお子さんに飲ませている身長サプリメントや、成長応援飲料も含まれているかもしれませんよ。

カルシウム・鉄分・ビタミンDを含有した身長サプリメントは効果なし。

カルシウムや鉄分、ビタミンDを含んだ身長サプリメントと言えば、セノビックやアスミール、のびのびスムージーなど。

これらの栄養成分が不足することで、成長に影響が出ている場合には、摂取することで成長を促進する可能性はあります。

しかし栄養不足ではない状態で、これらの成分を含んだ栄養機能食品を摂取しても、子供の身長を伸ばすという科学的データがありません。

さらにこれらの成分の過剰摂取が続くと、子供の健康に悪影響が起こる可能性もあり、摂取量には注意が必要だということ。

またカルシウムには骨の強化は期待できますが、骨の成長促進作用はないので身長が伸びるわけではありません。

成長ホルモンの分泌促進成分(アルギニン)を含有した身長サプリメントは効果なし。

成長ホルモン分泌促進成分の代名詞と言えば、アルギニン。

アルギニンを高含有していることで人気の身長サプリメントと言えば、Dr.senobiru(ドクターセノビル)です。

アルギニンは低身長治療の医療現場でも成長ホルモン分泌刺激試験の試薬として使用されていますので、それで成長ホルモンの分泌促進効果が期待できるという誤解もわかります。

しかし成長ホルモン分泌刺激試験での投与方法と投与量が、身長サプリメントとは大きく異なるので、実際の効果は期待できません。

成長ホルモン分泌刺激試験で使われるアルギニン製剤は、

  • 体重1kgに対して、0.5g(40kgなら、1回20gが必要)
  • 点滴で血管内に直接投与(血中濃度を異常に高める)

ちなみにドクターセノビルでは、2袋で5gしか摂取できませんので、アルギニンの絶対量が足りないこと、また経口摂取なので血中濃度を高めることができないことが問題。

その結果、成長ホルモンの分泌促進効果は期待できませんし、過去の科学的データを検証しても、サプリメントに成長ホルモン分泌促進効果があったというものはありません。

実際に成長ホルモンを製剤で分泌促進させても、身長が伸びなかったという医学的なデータは存在するので、総合的に考えても、アルギニンサプリメントでは、子供の身長を効率的の伸ばせません。

成長ホルモン自体を含有した身長サプリメントは効果なし。

成長ホルモンを舌下にスプレーで投与するタイプの身長サプリメントもありますが、成長ホルモンは分子量が大きく、体内に吸収される際に分解されてしまいます。

また実際に効果が期待できるほど大量の成長ホルモンをスプレーすることになると、コスト面で採算が取れないことも。

そういった点から考えても、成長ホルモン自体が配合されているサプリメントでも、子供の身長を効率的に伸ばすことができません。

子供の身長を伸ばすことができる身長サプリメントはないのか?

今回紹介したように、様々なメーカーが販売している身長サプリメントの多くが、上記3項目に分類されます。

実際に商品名を公開したもの、商品名は公開していないもののそこに分類される物など、本当に多くの商品がありますよね?

では実際に身長サプリメントには、子供の成長に期待できるものがないのか?と言われるとそうでもありません。

今回紹介していない唯一のタイプの身長サプリメントが、総合栄養バランス型の身長サプリメント。

普段の食事で摂取できない栄養素を補完したり、成長に必要な栄養素に特化していることで、成長の効率を高める効果が期待できます。

実際の商品名で言えば、カラダアルファ。

カラダアルファとは、成長期の10代専用の身長サプリメントで、最も販売実績のある商品のひとつ。

実際に摂取できる栄養素の種類と量を見れば、カラダアルファの効果がわかります。

実際に摂取できる栄養素の53.8%が植物性タンパク質。

成長期の子供の身長を伸ばす際に、最も必要になる栄養素がタンパク質なので、それを効率的に摂取できるカラダアルファは栄養面をサポート。

しかも原材料の4割がスピルリナなので、50種類以上の栄養素を含み、実際の栄養吸収率が95%以上と、栄養吸収率もバッチリ。

成長期の子供の体作りには、普段の食事で摂取する栄養素が最も大切ですが、カラダアルファは不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。

だからこそ、8期連続ネットショップ大賞を受賞するほど、実際に消費者からも支持されている身長サプリメント。

もしカラダアルファを飲んでも、効率的に身長を伸ばすことができなければ、他のどの商品を飲んでも無理でしょう。

そのくらい成長に必要な栄養素をしっかり含有しています。

カラダアルファを普段の食事にプラスして子供に摂取させることが、最も効率的に身長を伸ばすことに繋がりますので、まずは詳細をチェックしてみると良いでしょう。

先ほども紹介したように、カラダアルファ以上にタンパク質をしっかり摂取できる身長サプリメントはありませんので、もしお子さんの低身長対策を考えているのなら、本当におすすめですよ。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!