成長期の中学生が身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌量が非常に大切だということを理解していますか。

成長ホルモンの分泌を促進させる方法や、成長ホルモンの分泌や合成に必要な栄養素などを徹底検証。

実際にどのような仕組みで、成長ホルモンが作用するのかも含め、中学生の身長の伸びを最大化する方法を紹介します。

中学生が身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌量が重要!

成長期の中学生の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの影響を受け、骨の骨端線の軟骨細胞の細胞分裂が促進されるから。

だからこの成長期の中学生の時期に、どれだけ大量で質の高い成長ホルモンを分泌できるのかということは、非常に大切なこと。

しかしここ最近の中学生の子供たちは、成長ホルモンの分泌量を増加させるよりも減少させるような生活習慣で過ごしている子供も多く、それが身長の伸びを阻害する要因に。

実際にどのような生活習慣で過ごしていると、成長ホルモンの分泌量が促進されるのか?その質を向上させることができるのかを紹介します。

今日からすぐに実践できることもありますので、できることから改善して、少しでも成長ホルモンの分泌量を増やしていきましょう。

そうすることが、成長期の身長の伸びを最大化することに繋がりますので、非常に大切なことです。

成長ホルモンの分泌量を増やすには、とにかく睡眠時間を改善する

成長ホルモンが最も大量に分泌されるタイミングは睡眠時間なので、夜に熟睡できるような環境を用意することが大切。

同じ睡眠時間でも昼寝と夜の就寝では、身体への作用が異なりますので、意識すべきなのは夜の睡眠時間の話です。

まず大切なことは、日々の睡眠時間をしっかり確保すること。

小学生なら9〜10時間、中学生でも8〜9時間の睡眠時間を毎日確保できていれば、成長ホルモンを分泌する環境が整います。

しかし多くの子供が小学生の段階ですでに7〜8時間程度になり、中学生になる頃には6〜7時間程度まで短くなっているのではないでしょうか。

そういった睡眠習慣で過ごしていると、成長ホルモンの分泌量が減少するだけではなく、性成熟が進んで、早熟化傾向が高まることに。

睡眠時間を意識することも大切ですし、最初の3時間をどう過ごすかも非常に大切なことです。

実は一晩の間に90分の睡眠サイクルを何度も繰り返し、最初の3時間で2回訪れる成長ホルモンの分泌のタイミングが非常に重要。

睡眠時間を確保できない人は、この2回でしっかり分泌されるように、暗く静かな部屋で熟睡することをおすすめします。

睡眠時間をしっかり確保できる人の場合は、90分毎に訪れる成長ホルモンの分泌のタイミングを何度も繰り返すようにしましょう。

成長ホルモンの分泌量は最初の2回でかなり大量になり、徐々に分泌量を減少しながら、一晩に何度も分泌されます。

睡眠時間を確保することは、少ない分泌量でも成長ホルモンを分泌させ、身長を伸ばす意味では非常に大切なことですので、出来る限り確保するようにしてください。

成長ホルモンは運動時にも分泌されるので、中学生の運動習慣も大事。

成長ホルモンが最も大量に分泌されるのは就寝時間ですが、実は運動することでも微量ですが、成長ホルモンが分泌されますので、中学生の運動習慣も大切なこと。

運動開始後15分後から徐々に成長ホルモンが分泌され、運動終了後3時間くらいまで、成長ホルモンの分泌が続きます。

微量といえども、運動をすることで中学生のタイミングでの成長ホルモンの分泌量が増えることは、身長を伸ばす意味では非常に大切なことなので、ぜひ活用したいところ。

だから中学生でもしっかり身体を動かすようにしてください。

中学生の時期に運動習慣があることは、成長ホルモンの分泌量を増やすことだけではなく、身長を伸ばす意味では非常に大切なポイントも。

それが骨端線に対する刺激という部分。

最初に説明したとおり、骨の骨端線の軟骨細胞部分の細胞分裂を促進するのが、成長ホルモンの影響です。

そして運動による刺激も、実は骨端線にとっては細胞分裂を促進する影響を与えてくれますので、成長ホルモンの分泌量に合わせて非常に大切なこと。

普段からしっかり身体を動かすことは大切なことですが、特に激しい運動が必要だということではありません。

全く身体を動かさない人なら、ウォーキングでも十分ですし、身体を動かす人なら、ジャンプやダッシュ、急に止まったりという動きを加えると良いでしょう。

同じ動きだけでは骨端線がその刺激に慣れてしまいますので、違う動きを入れることで、骨端線にとって刺激になるように考えてください。

成長期の中学生にとっての運動習慣は、成長ホルモンの分泌量+骨端線への刺激というW効果が有るのものですので、意識的に身体を動かす機会を増やしてくださいね。

成長ホルモンの分泌量増やすためにもアルギニンの摂取が大切!

成長ホルモンの分泌量を増やしたいと考えているのなら、その合成に役立つ栄養成分をしっかり摂取することも大切。

タンパク質を構成するアミノ酸をしっかり摂取することが、成長ホルモンを始め骨の成長にも重要な事ですが、特に意識したいのはアルギニンの摂取量。

アミノ酸の中でもアルギニンは、成長ホルモンの合成に役立つ栄養成分、大人にとっては非必須アミノ酸扱いなのに、うまく分泌できない子供には必須アミノ酸。

だから普段の食事でしっかりとアルギニンを摂取することは大切。

アルギニンを多く含む食品や食べ物には、子供の苦手なものが多く、最も大量に含んでいるのが豚ゼラチン。

豚足といった方がわかりやすいと思いますが、豚足100gあたりのアルギニン含有量は7900mgだと言われています。

他にも高野豆腐や湯葉などもアルギニンが多く含まれており、4000mg以上と一般的に牛肉や豚肉、鶏肉の2.6倍以上も含有。

だからこれらの食品や食べ物をしっかり食べたいところですが、なかなか難しいかもしれません。

アルギニンはビタミンB6と一緒に摂取することで、その吸収率が向上することもわかっていますので、アルギニン+ビタミンB6の組み合わせを意識しましょう。

子供も好きなマグロには、ビタミンB6が元々含有されていますので、マグロの刺身やお寿司を食べると、効率的にアルギニンを体内に吸収することができ、成長ホルモンの合成に役立ちます。

最近は高濃度のアルギニンサプリメントも発売されていますが、アルギニンサプリメントでは、成長ホルモンの分泌量を増やすことができませんので、個人的にはおすすめしません。

アルギニンサプリメントが子供の成長に効果的ではないことは、すでに科学的にも証明されていることなので、間違っても購入しないようにしてくださいね。

中学生でも骨端線が閉鎖すれば、身長の伸びが止まる!

中学生は成長期だから、何もしなくとも身長が伸び続けると思っているお母さんも多いかもしれませんが、最近の中学生は少し事情が違います。

子供の身長が伸びるのは成長期が終わるまでで、成長期の終わりは骨端線の閉鎖を意味すること。

そして子供の早熟化が進んだ最近では、中学生の段階でも骨端線が閉鎖し、成長期が終わっている子供も増えています。

骨端線が閉鎖すれば身長の伸びが止まりますし、骨端線が閉鎖しようとしている段階では、身長の伸びが鈍化して、どんどん伸びにくい状態に。

そんな成長期の後半になって焦るよりも、中学1年生の時期に身長を伸ばす努力をした方が、効率的に身長を伸ばすことができます。

だからもしあなたがお子様の身長をしっかり伸ばしたいのであれば、中学2年生や3年生になって何かを始めるよりも、中学1年生で始めたほうが効果的。

そういったことを理解して、お母さんが主体的に出来る部分を改善してあげましょう。

成長期の中学生の身長の伸びに対して、お母さんが主体的にできるのは栄養面のサポートですので、普段の食事を意識してあげましょう。

普段の食事だけでは、成長期の子供の成長に必要な栄養成分の全てを補うことは難しいので、身長サプリメントを併用してあげることも大切。

そうすることで、栄養面をサポートできれば、中学生の身長の伸びを最大化することも可能ですので、ぜひ色々考えて見てくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!