成長期の中高生向けの成長応援飲料として、話題のドクターセノビルですが伸びないし、効果なしという噂が。

実際にドクターセノビルを飲むことで、成長ホルモンの分泌刺激効果や子供の身長を伸ばす効果があるのかを徹底検証。

効果に合わせて副作用や危険性がある成分などが含まれていないのか、ドクターセノビルの本当の効果を紹介します。

ドクターセノビルの特徴や他の身長サプリとの違いとは?

ドクターセノビルの一番の特徴は、成長期の子供に必要な必須アミノ酸であるアルギニンを高含有していることで、身長の伸びが期待できる部分。

実際の摂取量が1日2袋で5000mgと言われていますので、WHOの推奨する摂取量である6000〜7000mgをドクターセノビルだけでもほぼカバーできます。

アルギニンは大人にとっては非必須アミノ酸で、子供はうまく分泌することができないので必須アミノ酸という変わった性質を持っており、どう補うのかが成長の鍵だとも言われる成分。

アルギニンはアミノ酸の中でも、成長ホルモンの合成や分泌に非常に強く関わっていると言われており、しっかり摂取することが非常に大切なんです。

だからこそ、ドクターセノビルの場合は、サプリメントという形でアルギニンを補充して、少しでも成長効率を高めようと考えている状態。

そんなドクターセノビルが子供の身長に効果なしとか、伸びないというのはどういうことなのでしょうか。

アルギニンが成長ホルモンの分泌量に影響する理由とは?

そもそもサプリメントなどでアルギニンを補充することで、本当に成長ホルモンの分泌量を増やすことができるのでしょうか。

なぜそのように言われているのかを調べてみると、低身長の医療現場で医療用のアルギニン製剤が使用されていることに起因していることが原因かも。

実は成長ホルモン分泌刺激試験の試薬に、医療用のアルギニン製剤が使用されており、その試験内容が成長ホルモンの最大分泌量をチェックするものなので、アルギニンが効果的だと言われている状態。

でもここで重要なことは、どのような摂取方法で、どれだけの摂取量が必要なのかということ。

実際に成長ホルモン分泌刺激試験では、体重1kgあたり0.5gものアルギニン製剤を血管内に点滴等で直接投与し、血中アルギニン濃度を異常に高めることで効果を発揮。

この方法以外では、成長ホルモンの最大分泌量を確認できないことがわかっていますので、アルギニンサプリメントでも同等の効果を発揮できる分量や摂取方法が基本。

ただここでひとつ知っておくべきことは、成長ホルモン分泌刺激試験はあくまでも、成長ホルモンの最大分泌量を測定するだけの試験です。

実際に子供の身長を伸ばすための治療を行う際には、医療用の成長ホルモン製剤を使用しますので、アルギニン自体に治療効果はないということ。

この点を理解していない人が多く、アルギニンの効果を企業側のイメージ操作で誤認しているお母さんが多いんです。

なので、もしあなたがドクターセノビルを購入しようとしているのなら、このあたりの事をしっかり理解していることが大切。

アルギニンは摂取量が増えると副作用が出る危険な成分!

ドクターセノビルの主成分と言われているアルギニンですが、実はそのまま摂取することで腹痛や下痢なども副作用を発症する危険な成分。

アルギニンには強アルカリ性の性質があるために、アルギニンだけを大量摂取してしまうと、実は健康被害が出る可能性が高まります。

だからドクターセノビルでも、アルギニンの強アルカリ性を中和するために、酸性のクエン酸をかなりの量配合しており、その結果、副作用が起こりにくい状態に。

だからもし、ドクターセノビルのアルギニンの効果を高めようと、その摂取量を増やしてしまうと、副作用を発症してしまう可能性も。

そういったことがすでにわかっていますので、アルギニンの摂取量を増やそうとドクターセノビルを飲みすぎたりするのは止めましょう。

またアルギニンをサプリメントで飲んだ場合の、中長期的な身体への影響は健康な成人男性を対象にした試験しか行われていませんので、このあたりのことも考えることが大切。

もしお子様がアルギニンを高配合されているドクターセノビルを中長期間飲み続ければ、どのようなことが起こるのか、そういったリスクもしっかり考えた上で、飲ませるようにしましょう。

ドクターセノビルのアルギニンが成長ホルモンにどのような影響を与えるのか?

では実際にドクターセノビルの一番の特徴である、高配合されているというアルギニンですが、成長ホルモンの分泌量や子供の身長にどのような影響を与えるのでしょうか。

まずはアルギニンの摂取方法ですが、水に溶かして飲むので経口摂取ですよね。

そしてアルギニンの摂取量は1日2杯で5000mgという状態、これは成長ホルモン分泌刺激試験の状態とは大きく異なります。

サプリメントを経口摂取した場合には、胃や腸で分解吸収されますので、その全てが血液内に流れ込み、摂取した全ての量のアルギニンが血液内に吸収されることはない状態。

そして5000mgというのは、成長ホルモン分泌刺激試験で考えると、体重10kgの子供に反応が出る分量ですので、成長期の中学生で考えると44〜50kgですので非常に少ない状態ですよね。

さてここまで解説してみると、ドクターセノビルのアルギニンが子供の成長ホルモンの分泌量にどのような影響をあたえると思いますか?

実はほとんど影響を与えないというのが、ドクターセノビルでアルギニンを摂取した場合の答えなんです。

このことはすでに科学的にも証明されていることであり、実際の摂取方法や摂取量がここまで異なることで、あなたの期待するような効果を実感することはできません。

それもドクターセノビルは300万袋も販売されている実績のある商品ですので、別の角度から専門家の意見を踏まえて紹介したいと思います。

アルギニンサプリメントで身長が伸びないのは日本小児内分泌学会も認める事実

子供の低身長治療を行っている医師団体のひとつに、日本小児内分泌学会があります。

これは実際の医療現場で、低身長に悩む子供と向き合っており、成長ホルモン分泌刺激試験を行ったり、治療方針を決定したりする医師が加盟している状態。

その日本小児内分泌学会が2013年に行った公式見解で、アルギニン等の成長ホルモンの分泌促進効果のある身長サプリメントを摂取しても、子供の身長を伸ばす効果はないと断言しています。

この理由は先ほども紹介したように、成長ホルモン分泌刺激試験での摂取方法と異なること、実際にアルギニンは低身長の治療に活用されないことかわも分かるでしょう。

さらにこの公式見解では、成長ホルモンの分泌量をサプリメントで増やすことができても、子供の身長を伸ばす効果がなかったという実験結果まで発表しています。

これらのことを総合すれば、もしドクターセノビルにある子供の身長を伸ばす効果がアルギニンだけに限定したものであれば、子供の身長を伸ばすのは難しいということ。

さて、あなたはこの事実をどう考えますか?

これは実際に低身長の子供の治療を行っている医師が、様々な論文や治験、実際の子供の低身長治療を通じて、導き出した答えです。

私が勝手に言っていることではありませんので、専門家ですらこのように判断しているということを理解することが必要ではないでしょうか。

今回紹介したことを総合的に考えると、身長サプリメントのドクターセノビルに過度な期待をするのは止めた方が良いのかもしれません。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメント特集!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)の放送で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの前に、様々な子供用サプリメントが登場。

効果に疑問を持っている人も多い身長サプリメントの気になる情報やカラダアルファを実際に子供に飲ませている親御さんのインタビューも放送。

【追記】→番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【徹底検証】子供に身長サプリメントは必要?子供の身長を伸ばすには考え方が大事!


>>子供の身長を伸ばす栄養豊富なサプリメントはカラダアルファだけ!<<

小学生・中学生・高校生の身長を伸ばすために必要な成分を厳選配合。他の身長サプリメントとは、原材料も含有量も全てが違うから子供の成長に役立つ!!


>>カラダアルファの詳細を今すぐにチェック!